チャネラー 山本千春とは誰?宇宙と交信し5千万脱税w

「地球から遠く離れた銀河にいるおじいさん5人と交信して、あなたの悩みに応えることができる」

ネットで騒然となっているチャネラーこと山本千春氏(48)が所得税4800万円あまりを脱税した疑いで逮捕されました。

私も初めて聞いた言葉ですがチャネラーとは何なのか?

山本千春とは一体誰なのか?

あなたの今知りたい!を徹底検証していきます。

 

 

チャネラー山本千春 とは?

 

山本千春(やまもと ちはる)

ニックネーム:千(せん)さん

年齢:48歳

職業:チャネリング講師、心理セラピスト

 

幼い頃から、見えない世界とコンタクトしたり、UFOを目撃したりと、色々な体験をされてきた非常に珍しい方との事です。

退行催眠中にビジョンをみたことで、奈良県の天河神社を訪れることになった千さん。

その時から、白髭の仙人のような存在とコンタクトが始まったそうです。

 

具体的には

  • 相手の携帯番号がわかる
  • 行ったことのない住所がわかる
  • 相手の過去を見れる
  • 相手の魂の目的や現在の状況を把握できる

 

 

といった通常では考えられない事が彼にはできるそうです。

 

また、マスメディアなどには出演せず、ほとんど口コミで評判が広まったみたいです。

チャネリングとは

チャネリング (英: channeling, channelling) とは、高次の霊的存在・神・宇宙人・死者などの超越的・常識を超えた存在、通常の精神(自己)に由来しない源泉との交信法、交信による情報の伝達を意味し、アメリカで1980年代に隆盛したニューエイジ運動の中で使われるようになった名称である。
1972年にジェーン・ロバーツ(英語版)(1929年 – 1984年)と夫のロバート・バッツ(1919年 – 2008年)が『セスは語る』(Seth Speaks) を出版したことから始まったと言われる。
チャネリングを行う人をchannel(チャネル、チャンネル。水路、通信路の意)、あるいはchanneler(チャネラー) と呼ぶ。チャネリングは民俗学者や人類学者ならば“シャーマニズム”という用語で分類する分野におおむね相当し、「チャネル」「チャネラー」は従来の表現で言えば 霊媒(英:medium)に当たる。トランス状態となって交信する存在からのメッセージを受け取る点では霊媒と同じであり、懐疑派から「宇宙イタコ」と揶揄されることもある(wikiより)

 

【悲報】素晴らしい特技をお持ちの千さんがまさかの脱税?!

 

ショッキングなニュースです。

告発された千さんこと山本千春容疑者ですが、およそ3年間で1億3200万円の所得を隠し、所得税4800万円あまりを申告せず脱税した疑いが持たれているとのことです。

関係者によると、セミナーなどで現金を受け取り、その現金を一切申告していなかったとのことでした。

講師料や個別面談の相談料、グッズ販売代金などの一部を隠し口座に振り込ませるなど、持っていた2つの口座のうち、1つは申告しないといった手口で脱税を行っていたそうです。

将来の生活への不安などから、浮かせた現金をタワーマンションにある自宅のクローゼットに袋づめにして隠したり、預金したりしていたという山本千春容疑者。

 

宇宙の交信が出来るのであればこの先も安泰だったのでは?

 

なぜ将来への不安が出てくるのでしょうか・・・

相談料は1時間 1~2万円、予約は半年先まで?!

 

そんな千さんですが、個別面談では1時間あたり1~2万円の相談料をもらっていたとのことです。

なんと予約は半年待ち。

「幸せになるための宇宙からのメッセージを聞き、パワー満タン」「千さんの話は夢物語かもしれないが、どこか癒やされる」

と千さん信者もいるぐらいだ。

 

さまざまな悩みを聞いていて、生き方や家族との関係などが多かったそうだ。

ちなみにこの1-2万円の相談料は弁護士と同じぐらいだそうです。

 

でも宇宙と交信出来るのであればもっと高くても良いような気がします。

随分と良心的な価格ですね。

まとめ

 

好きな事を仕事にするのはこれからの時代にあっていると思いますし、全然okだと思います!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。