渡瀬マキの機能性発声障害とはどのような症状なのか?完治はするのか

LINDBERGの渡瀬マキさんが11日、公式ホームページで「機能性発声障害」と診断されたと発表した。

機能性発声障害とはどのような病気(症状)なのか?完治はするの?など検証していきます。

 

渡瀬マキ 機能性発声障害を公表

ロックバンド、LINDBERG(リンドバーグ)のボーカル渡瀬マキ(49)が11日、公式ホームページで「機能性発声障害」と診断されたと発表した。

昨年から不眠、食欲不振、頭痛、吐き気などの体調不良を訴え、いくつもの病院で診察を受けてきたが、このほど、病名の診断を受けた。

渡瀬は「昨年より体調を崩し、だんだんと身体が弱っていき、いつも苦しくて、何も楽しめなくなった」「のどに違和感を感じ始め、会話も苦痛になり、しゃべろうとすると声が出ない状態が続いた」と苦しかった病状を振り返った。

現在は試行錯誤を繰り返しながら治療を行っていて、「昨年から比べたらとてもよい」「散歩の距離も長くなり、家で軽い筋トレも始めた」と報告。「焦らずに頑張らず、きちんと治療をすることが最善の策」だとして、ファンに「次に会える時は心から笑顔で会いたい。元気でいてね」などと呼び掛けている。

来年4月にバンドデビュー30周年を迎える。所属事務所は「徐々に回復に向かっているが、まだ歌唱できるまでには至っていない。(メンバー)全員がライブツアーや新しい作品の制作に非常に前向きな気持ちを持っている」としている。

今後の活動については、随時、公式サイトなどで報告をする予定だ。

日刊スポーツより引用

 

プロフィール

  • 名前:渡瀬麻紀(わたせまき)
  • 生年月日:1962年2月22日(現在49歳)
  • 出身:三重県鳥羽市
  • 血液型:O型
  • 職業:歌手、タレント、作詞家
  • 事務所:アップフロントクリエイト

 

ネット上の声は

  • 青春時代、あなたの歌を聴いて勇気づけられました!
    大変かもしれませんが、がんばってください!

 

  • 更年期の年代。
    何かと体調不良に陥り辛いので心配です。

 

  • 体調がとても心配だけど、チャンマキ
    無理しないでね。

 

  • 夜中の3時からのオールナイトニッポンを眠い目をこすりながら聞いてました。焼き物へのこだわりとか面白かった。いくら感謝しても足りないくらい元気もらってました。
    頑張らなくていいから、ゆっくりしてて。もし、復活して歌いたくなったら、また勇気もらいます。

 

  • 声帯がどうこうではなく、精神的なものからくる失語症のようなものかな?
    30代後半から50代の間で体質の変化からくる精神の不調を訴える人はたくさんいるのでその一つかもしれない。
    無理せず休んでいただきたい。

 

  • 歌声から「元気」そのもののリンドバーグの曲の数々は、必要な時に私を励ましてくれました。そういうリスナーは多いんじゃないかなと思います。新海誠監督も時代を代表する曲として映像中に使っていますね。直接声をかけられませんが、心の裡で応援しています。

 

  • わりと頻繁だったSNSの更新がピタリと止まったから、何かあったのかなと思っていたけど、やっぱり体調不良だったか…不安になるし焦ってしまうだろうけど、ゆっくりゆっくりきちんと治療をしてほしいです。私もちょっと前に病んでしまって『あの月でさえ太陽の光で輝いてる
    宇宙の法則の中ではみんなひとりじゃない』心にしみてました( ´∀`)また元気な姿を見られる日を楽しみにしています!

 

機能性発声障害とはどの様な症状なのか?完治はするの?

 

声を出す際には、肺に空気を吸い込み、喉頭で声帯を振動させることにより、口腔や舌、咽頭の動きで音に変化をつけ声を発します。発声障害は声を出す過程において、声がかすれたり、声が出ない、声が出にくい状態の事をいいます。

 

発声障害の原因は?

発声障害の原因は、先天性のものと後天性のものとに大別されます。先天性は遺伝子異常や構造異常が原因です。後天性のものは、肺や気管支、気管など肺に空気を吸い込む際の呼吸器官の疾患によるものや、声帯を振動させる発声器官における障害などが考えられます。

その他、口腔や舌、咽頭などの構音器官の障害によるものなど、症状の現れ方によって、原因はさまざまです。これらの器官の異常や運動機能が低下・麻痺したことによる声に異変をきたすものが多いです。その他、精神的ショックやストレスが引き金となる、発声に影響を与えることもあります。

発声障害の治療法は?

発声障害は、どの器官・部位が異常を来したかによって症状や原因が分かれます。声がかすれるような症状やのどの圧迫感、声が出にくいなどの症状が現れたら、喉や声帯を休ませることが重要です。経過観察をしたのち、改善が見られない場合は早めに耳鼻科など専門医を受診し、医師の指示を従ぐことも大切です。

また、精神的ショックやストレスが原因となって発声障害を誘発する場合もあるため、日頃からストレスを与えないような生活環境を整える事も予防できる手段の一つといえます。

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年2月は月間770,000PV達成しました。