ドラム式洗濯機で5歳児死亡 死因は窒息か,過去に事例はあるのか?

【悲報】

27日午後3時ごろ悲劇は起きました。大阪の堺市堺区の住宅で5歳の子どもが「洗濯機の中に閉じ込められて意識がない」と119番通報がありました。子どもは搬送先の病院で死亡が確認されました。死亡原因は一体何なのか?検証していきます。

 

最後までお付き合いください

 

ドラム式洗濯機で5歳児死亡 事件の詳細とは

堺市堺区の住宅で27日午後3時ごろ、「洗濯機の中に子どもが閉じ込められて意識がない」と119番通報があった。

 

大阪府警によると、洗濯機の中からこの家に住む男児(5)を救出したが、搬送先の病院で死亡が確認された。府警は男児が過って洗濯機の中に入った可能性もあり、経緯を調べている。

堺署によると、父親(32)が洗濯機の中に閉じ込められている男児を発見し、通報した。洗濯機はドラム式で、1階の洗面所に設置されていた。

 

発見当時、洗濯機は動いていない状態だったが、扉は閉まっていたという。

朝日新聞より引用

 

父親が「息子が洗濯機の中に入り意識がない」と119番。

 

男性は長男、妻(32)との3人暮らしで、当時、妻は外出中だったそうです。男性は同署に「長男と昼食後に2人で昼寝し、目を覚ますと長男の姿がなく、洗濯機内で見つけた」と説明しているという。

 

見つけた時はなぜ洗濯機の中に?!と思ったとおもいます・・・私にも子どもがおりますが、ぞっとしました。 ましてや、5歳となると好奇心旺盛でやんちゃな時期です。

 

もしかしたら、お昼寝しているお父さんをびっくりさせようと、洗濯機の中に隠れたのではないでしょうか・・・想像しただけで悲しくなります。

 

言い切れないですが、事件性は恐らくないと思います。

 

ドラム式洗濯機とは?

 

ドラム式の形はこんな感じです。 PanasonicのHPによるとドラム式とタテ型の違いは下記の通りです。皆さんイメージ出来ているかもしれませんが扉は横開きが基本ですね。

ドラム式は基本はたたき洗い

ドラムを回転させ、衣類を持ち上げて落とす「たたき洗い」と、ドラムを急速に反転させ、小刻みに衣類を動かす「もみ洗い」の組み合わせ※1

◎タテ型よりも大幅に節水

◎少ない水で洗剤を溶かすため、泡の濃度が高く、とくに皮脂汚れに効果を発揮

◎洗濯物のからみが少ないので、生地が傷みにくい

△少ない水で洗うため、色移り・黒ずみが目立つことも(洗剤・柔軟剤を適正量入れて、分け洗いしてください)

△タオルなどはパイルが寝て、ゴワつくことも(乾燥機能を使うと、風合いが戻ります)

タテ型はかくはん水流のもみ洗い

パルセーターの回転によるかくはん水流の「もみ洗い」

●洗濯槽の回転により洗剤液が繊維を勢いよく通過する「押し洗い」を行うコースを搭載した機種もあります。

◎使い慣れた形で安心

◎洗濯物同士をこすりあわせて汚れを落とすので、泥などの固形汚れに効果を発揮

◎洗濯槽を高速回転させ、生じた遠心力で洗剤液が繊維を通過するので、やさしくしっかり洗える(おうちクリーニングコース)

△衣類の傷みやからみが、ドラム式よりもやや多い(からみほぐし搭載機種もあります)

ネット上の声は

  • 一年前とか最近も、ドラム式でこのくらいの
    小さな男の子が亡くなってましたよね。
    親はそんなニュース見ないのかなぁ。
    もちろん売ってるから買うのも自由だし
    親に責任あるか?と言われたらないかもしれません。
    が、わざわざ小さい子いるのにドラム式にしなくてもと思ってしまう。この間、電気屋で妊婦さんがドラム式買おうとしていたけど、見ていて複雑でした。確かにドラム式がたくさん普及してる中での
    たま~の事故。
    でも過去にそんなニュースがあったら、買わないなぁ。

 

  • 横開きのドラム式は
    子供が簡単に開けれちゃうからね。。。俺はこういう懸念があったので
    横開きドラム式は選びませんでした。メーカーに頼るだけでなく
    簡単に開けられないような器具も市販されているのだから
    この事故を知って対処される親が多いことを願います。

 

  • メーカーの責任じゃないな
    気密性もそこまであがってるのか

 

  • 残念な事故ですがメーカーには落ち度は無いと思います。

 

  • こういう事故はいつでも考えられる。
    子どもの動態に親やメーカーは細心の注意がいるでしょう。
    ご冥福を!

 

  • 小さな子供が届かない位置にロックボタン的なものを付けるとか出来ないのかな?
    付いてるのもある?
    二重ロックをしないと動かない、使用してない時でも二重ロックしないとブザーが鳴るとかね。
    家でも使わない時は、すっぽり覆う子供が外せないカバーをかけるとか何らかの対策しておかないとね。

過去にも同様の事故が・・・対策方法はあるのか?

 

2015年6月にも同様の事故が起きていた。蓮音(れのん)君の事故は、国内でのドラム式洗濯機の閉じ込め事故として初めて大きく報道されました。

 

これを受け、家電メーカーは閉じ込めの危険をホームページで注意喚起したり、子どもが外側からドアを開けられないようにする「チャイルドロック機能」の使用を呼びかけたりする対応を取った。

 

一部メーカーは内側からドアを開けられるタイプを開発した。ただ、水漏れを防ぐ技術的な難しさもあり、全体の中ではまだ少数だ。

ところが、蓮音君の事故は「最初の事故」ではなかった。朝日新聞と専門家による過去10年間の子どもの死に関する解剖記録の分析などから、2013~14年に、ドラム式洗濯機に閉じ込められたとみられる事故が3件起き、2~5歳の子どもが亡くなっていたそうです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年4月は月間810,000PV達成しました。