梅村哲史を未成年誘拐で逮捕!13歳の中学生が毒牙に

記事の概要

まだ、女子中学生(13)を誘拐した疑いで、会社員の男(37)が愛知県警によって現行犯逮捕されました。

2人が接点を持ったキッカケは、”出会い系アプリ”であった。去年4月頃から連絡を取っていた。
4日午後3時50分ごろ、名古屋市港区の地下鉄「港区役所駅」付近から車で誘拐し、午後8時24分ごろまでの間、大府市の自宅アパートに連れ込んだ疑いが持たれています。

みなさんは、『パパ活』なる言葉をご存じだろうか? 最近では、この”出会い系アプリ”が、『パパ活』や『売春行為』の温床となり社会問題化している。

『パパ活とは?
女子高生や女子中学生がデートや買い物等に付き合う見返りに、お小遣いや物品を貰う行為。

 

被害者と加害者のプロフィール

被害者のプロフィール
氏名:不明
年齢:13歳
職業:中学生
住所:愛知県岡崎市

※ 被害者は未成年の為、これ以上の情報提供は致しません。

加害者のプロフィール

顔画像は情報が入り次第アップします!

氏名:梅村哲史
年齢:37歳
職業:会社員
住所:愛知県大府市

※ 新しい情報が入り次第、追記します。

 

ソース記事はコチラ

女子中学生(13)を誘拐した疑い 会社員の男(37)逮捕 愛知県警

1/5(土) 2:17配信

出会い系アプリを通じて知り合った女子中学生(13)を誘拐したとして、愛知県大府市の会社員の男(37)が4日、現行犯逮捕されました。女子中学生にけがはありませんでした。

未成年者誘拐の疑いで現行犯逮捕されたのは、愛知県大府市の会社員・梅村哲史容疑者(37)です。

警察によりますと、梅村容疑者は愛知県岡崎市内に住む女子中学生(13)が未成年者と知りながら、「どこでも拾いに行くよ」などと誘惑し、4日午後3時50分ごろ、名古屋市港区の地下鉄「港区役所駅」付近から車で誘拐し、午後8時24分ごろまでの間、大府市の自宅アパートに連れ込んだ疑いが持たれています。

調べに対し、梅村容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。2人は去年5月ごろから出会い系アプリで知り合い、連絡を取っていたということです。

女子中学生の父親が、4日午後7時すぎに行方不明届を警察に提出し、携帯電話の位置情報をたどって警察官が2人を発見したということです。

中京テレビNEWS

ネットの声

  • 出会い系に中学生が登録してるのも問題ありだと思うが。
  • もちろん未成年の子供を連れて行くのはいけない行為だが、5月頃から出会い系で知り合い、連絡を取り合っていたというならその女子中学生も厳しく指導するべきだろう。
  • 今回はケガや命に関わる事がなかったからまだいいが、一歩間違えば暴行殺人事件に巻き込まれる可能性もあるのだから。
  • 13才なら昔と違って“いたいけな少女”とは限らない。全部わかっててやっているかもしれない。
  • 別に家庭に問題があるわけでもなく、素行不良でもなく、ただ単純に好奇心から始まってやり取りするうちに好意を持って会ってみたくなっただけかもしれない。無論成人男性側が罪に問われるのには文句はないが、少女側も保護されて無事でよかったねよしよしじゃないと思う。
  • 大人なのに、未成年と知っていて誘い出したのが一番悪い。逆に未成年とわかった時点で運営に通報するか、連絡を断つか、まだ13歳の中学生がするのはいけないことだと諭す立場にいなきゃいけないと思う。だからといって、この子がお咎めなしではいけないと思う。これだけ色々騒がれているんだから、親はきちんと管理しないといけないし、自ら進んで登録して会った以上何かしらの処罰をしないと今後も後に続く者が出るし、罰を受ける場合があるとわかれば、完全ではなくても少し防げる事件はあると思う。
  • このような問題、たびたびあります。未成年者の安易な行動が多くの人に迷惑をかけていることも少なくない。誘拐した人だけでなく、誘拐された側にもなんらかの原因があるとするならば、された側も社会的迷惑をかけたので罰を与えるべきです。じゃないとまた繰り返すでしょう!これは再発防止策の1つの例である。

Yahoo news

さいごに

 

Mr.X

「ネット社会」と言われますが、インターネットも初めはPCに詳しい一部の人のみが楽しむものでした、次にWindows95と言うオペレーションソフトが発売され一気にPCは一般化しました。
今ではアプリによりスマホやiPhoneなどのモバイル端末で誰でも簡単に利用できる環境になりました。

誰でも便利に利用できるようになった反面、制限が効かなくなって危険が生まれているのも事実です。今回の事件も「出会い系アプリ」が、”社会知識のない中学生”と”危険な大人”が出会うキッカケとなってしまった訳です。そして、未成年誘拐に到ってしまいました。

犯人の梅村容疑者は、「どこでも拾いに行くよ」などと誘惑したそうですが、おそらく常習ではないでしょうか。今後の調べでは、多くの被害者が存在が明るみにでると予想されます。「相手は未成年の女の子だし、世間体もあるので被害が表沙汰になることはない」と考えての卑劣な犯行だと考えられます。

確かに、被害者の中学生に関しても「なぜ出会い系アプリを使っていたのか?」「なぜ連絡をずっと取っていたのか?」「なぜ警察に被害届を出さなかったのか?」など、多くの矛盾も感じざるを得ません。しかし、犯人に何らかの弱みを握られ、脅されていた可能性も否定できません。

中学生の親御さんは、「今回は誘拐だけで済んで良かった。殺害されなくて良かった。」とおそらく今は思っているのではないでしょうか。

最後までお付き合いありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。