塚原光男 パワハラ「全部ウソ」発言に呆然 プレリリースの内容は?

宮川紗江選手が自身への暴力行為で日本協会から無期限登録抹消などの処分を受けた速見コーチに関する記者会見を都内で行われたが、速見コーチの話題より、協会からのパワハラの話にシフトしていきましたね。

速見コーチから、叩かれたり、髪を引っ張られたりはあったが、それが無期限登録抹消になる行為ではないと、宮川選手はコメントしております。

塚原千恵子女子強化本部長が指導している朝日生命に宮川選手を引き抜くために速見コーチと宮川選手を引き離すために重い処分を下したと考えられます。

しかし夫である、塚原光男副会長は「宮川選手の発言は全部ウソ」と驚愕のコメントに唖然です。

その真相とは一体。

 

最後までどうぞお付き合いください

 

塚原光男副会長、宮川のパワハラ発言は「全部ウソ」

30日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)の冒頭で体操女子の世界選手権(10~11月、カタール)代表候補で、2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)が自身への暴力行為で日本協会から無期限登録抹消などの処分を受けた速見佑斗コーチ(34)に関する会見を東京都内で開き、処分軽減を求めた問題を報じた。

 

宮川は会見で速見氏の暴力行為は認めた上で、改めて師事を表明。処分を下した日本協会の意図を「コーチと私を引き離そうとしている」と述べた。塚原千恵子・女子強化本部長(71)の関与を指摘し「権力を使った暴力。パワハラだと思う」と告発した。

番組ではこの日朝7時30分ごろ塚原本部長の夫で塚原光男副会長(70)を直撃取材した。塚原氏は宮川の告発について「今日午後にでもプレスリリースします。ちょっと、なぜ彼女があんなウソ言うのか、ちょっと分からないんでね」と明かした。

スポーツ報知より引用

 

パワハラの内容とは?

 

宮川選手選手が受けたパワハラとはどのようなものなのか?

 

  • 速見コーチと私を引き離して朝日生命に入れさせようとしていた

塚原夫妻から「まるで誘導尋問のように」「(速見コーチが暴力を)やったよね」「(暴力が)あったんでしょう?」と速見コーチの暴力を認定するようにうながされた。さらに「あのコーチはダメ」「だからあなたは伸びない」「環境を変えなさい」「私はあなたの味方」「私なら速見の100倍は教えられる」と、速見コーチへの非難が続き、暴力問題で速見コーチが体操界にいられなくなった後に、暗に塚原女子本部長が監督を務める朝日生命体操クラブへの入部を勧めるような発言もあった。

 

  • 塚原女子強化部長から「このままでは五輪に出られなくなるわよ」と権力をちらつかせたパワハラ発言

 

  • ナショナルトレーニングセンター(NTC)の利用に制限をつけれられる

 

宮川選手は速見コーチと東京五輪で金メダルを目指す。と気丈に語り、協会の体制一新を求めたが、関係団体への正式告発では無いため今後どのような展開になるのかが注目です。

 

ネット上の声は

  • ボクシングに続き
    体操まで。
    協会も腐ってます。

 

  • 個人、または一つの団体なりが大きな権力を持ち過ぎるのもいかがなものなのかが、
    昨今のスポーツにおける問題点かもしれませんね。

 

  • 本人の好きにさせたら良いではないか。
    選手ファースト。

 

  • 18歳の女性が大きな権力に立ち向かう恐怖は如何許りだろうか

 

  • 塚原夫妻アウト

 

  • 18の女性があそこまで言えるか?が素朴な気持ち。大人の権力闘争に
    巻き込まれ、体操仲間から孤立化するのが心配だ。

 

  • 体操協会がこのまま有望な選手を潰さないことを願います。

 

  • アスリートファーストは何処へ?
    もう東京2020は辞退かな?

 

さいごに

 

相撲、ボクシングと立て続けに、協会への不信が募っておりますが、やはりその上に立つ立場になると、自分の周囲をイエスマンで囲いたくなるのでしょうか?

選手ファーストの東京五輪はどこにいったのでしょうか?

 

今回塚原夫妻の目的は朝日生命に引き抜くために起こった出来事です。 速見コーチから宮川選手へのパワハラがあったように仕向け、二人を話し、朝日生命に入れ、自身のチームからのメダリストを増やしたかった。

 

これ以上でもこれ以下でもないですね。 小学5年生から、速見コーチと二人三脚でここまでやってきたのに、かわいそう過ぎます。何事も無く、練習を続けることが出来るか不安です。

 

最後までお読み頂きありがとうございます

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。