TOKIO 4人の謝罪会見コメントや動画はコチラ 解散や活動休止の可能性は?

TOKIOの山口達也メンバーが強制わいせつの疑いで書類送検されましたが、明日5月2日に残るメンバー4人が都内で会見をすることが分かりました。 動画やコメントもまとめていきます。

そして、4人は何を語るのか、非常に注目が集まります。解散や活動休止の可能性も無きにしもあらずです・・・

どうぞ最後までお付き合いください

 

TOKIO メンバー4人が記者会見 何を語るのか

 

ジャニーズ事務所とジャニー喜多川社長は1日、TOKIO・山口達也(46)が強制わいせつの疑いで書類送検(その後起訴猶予)された件ついてコメント。「改めて深くお詫びの念をお伝えさせていただきます」と謝罪した。

この日、起訴猶予が決まったが「山口が起こしました事件の事実並びにことの重大さには変わりございません」とし、「ことの重大さを真摯に受け止め、全員がそれぞれの立場で信頼回復に全力を尽くす覚悟です」と続けた。

さらに、「私自身は全ての所属タレントの『親』としての責任を背負いながら今後も彼らが“ひと”として成長できますよう、支援し続けて参る所存でございます」とコメントした。

 

 

また、メンバーの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)の4人が2日に都内で会見すると明らかにした。ジャニーズ事務所とジャニー喜多川社長は1日、TOKIO・山口達也(46)が強制わいせつの疑いで書類送検(その後起訴猶予)された件ついてコメント。「改めて深くお詫びの念をお伝えさせていただきます」と謝罪した。

この日、起訴猶予が決まったが「山口が起こしました事件の事実並びにことの重大さには変わりございません」とし、「ことの重大さを真摯に受け止め、全員がそれぞれの立場で信頼回復に全力を尽くす覚悟です」と続けた。

さらに、「私自身は全ての所属タレントの『親』としての責任を背負いながら今後も彼らが“ひと”として成長できますよう、支援し続けて参る所存でございます」とコメントした。

また、メンバーの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)の4人が2日に都内で会見すると明らかにした。

 

ネット上の声は

  • 記者会見で弁護士に謝罪させるなんて聞いたことがないよ。
    普通は経営陣が立って頭を下げても弁護士は座ったまま。
    これ一つとってもこの会社の経営陣がいかに奇っ怪かがわかる。

 

  • 事務所も揉み消せば良いと思っていたのかな、、、

 

  • 今回の不祥事の客観的なそもそも論として、
    ●今回も、ジャニーズ事務所の社長は、会見はおろか、社長名でのコメントすらなし。
    ●事務次官報道等と異なり、事務所の忖度により? 今回はマスコミに批判姿勢がない。
    ●今回は多数の意見の報道があるが,事務所の圧力で?SMAP解散前後はコメント者が殆ど不在。
    ●過去もジャニーズで不祥事が何度も発生。等→まず多数の常識外れ・特例扱等の組織の元凶を改善せぬ限り、類似の不祥事が今後も発生します
    (ちなみに,同様の圧力の影響か?投稿可能な型のニュース割合がここ数日,減少しています。)

 

  • 事務所も気持ちが悪いくらいに秘密裏に事後処理しときながら綺麗事を言うんじゃないよ。

 

  • ことの重大さはメンバーの方が感じている。
    山口氏の会見でそれが理解されていればメンバーが必要以上に追い込まれる事もなかった。

 

  • 10代の子がジャニーズ事務所に入って歌やダンスなどを相当練習はしてきているのだと思います。
    しかし表舞台に出なくてもジャニーズと言うのは彼らにとってかなり箔がつくものなのではないかと思います。
    ならばそこで普段の行いなどの指導はどれくらいあったのか。
    20代でグループでデビューできたらそれこそ逆らうものなどなしなんていう状態だとしたらそれは事務所の指導力不足でしょうし彼らもある意味気の毒。
    今回の事件に限らず、ジャニーズ事務所なや限らず、それはとても必要なことではないでしょうか。

 

  • 解散という決断は、むしろ他メンバーのソロ活動を円滑にさせるかもしれない。

 

  • 事務所が山口達也を
    解雇すれば良い話。それで話は終わるのに
    解雇しないし
    本人は辞めないし。

 

  • SMAPの時もそうだが社長であるジャニーさんが出てくるのが遅すぎる。
    危機管理のなさがこういった事件の遠因になっている気がする。リーダーである城島の方がよっぽど社長らしい行動や発言をしていると思う。

 

TOKIO 4人のメンバーのコメントや動画はコチラ

松岡、城島、国分、長瀬の順番に登壇しそれぞれ深く頭を下げた。

 

冒頭で城島が被害者、家族に「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪すると、20秒間に渡り4人は頭を下げた。続けてファン、スポンサーなどへ謝罪の言葉を述べ、4人は再び頭を下げた。

 

「今回の山口の件におきましては、私たちメンバー全員深く受け止めております」とし「事件発覚後、時間がありましたけども、一刻も早くこのような形でTOKIOとして謝罪と自分たちの思いを発表しなければという思いがあったんですけれども、事件発覚後、5人集まったのが30日の夜でした。

 

その中で5人で話し合いまして、そこで山口達也の口から出た言葉がTOKIOを辞めます、という言葉でした」と30日の話し合いの席で山口がTOKIOを脱退することを伝えたことを明かした。

 

さらに城島は「その言葉は5人の話し合いの中で自然と出たというものではなく、本人はもともとその決意を固めていたようで、途中から自分のカバンの中から退職願、辞表を取り出しまして、それをリーダーである私に託してきました」と明かした。

 

「本人も憔悴しきっている中でメンバーそれぞれいろんな思いを抱えて5人が集まったんですけども、そこでどうすべきかTOKIOの今後の活動も含め、山口の処遇も含めどうすべきか。いままで自分達が考えやってきた部分があったんで、5人の話し合いの中でどうしようかという部分があったんですけど、正直、なかなか、山口の憔悴しきっている姿を見た時に、やめてくれとは言えない私達がいました。

 

ただ、TOKIOとしてやっていかなければならないこと確かにあります。今後、私達の音楽活動、山口の処遇を含めどうすべきか答えが出せなかったことは事実です」と結論は保留していることを明かした。

 

その上で「今日この会見でできることはまず、被害に遭われた方、ご家族のみなさまにTOKIOとしてメンバーとして山口の責任はみんなの責任だと思っております。全員で謝罪会見を開かせていただくのがまず、そこが一番優先じゃないのかという結論に至りました」と会見を開いた意図を説明していた。

 

 

さいごに

 

山口達也さんの今回の事件を受け、被害者、ファン、スポンサーなど様々な方への影響がありました。 リーダーの復帰はあり得ない。そのコメントでそこまでの事をやってしまったと思い辞表を書いたのかもしれませんね。

4人もかなり憔悴しており、見ているコチラ側が心配になってきました。

結論は現段階で何も決まっていない。との事ですが、復帰の可能性は数%でもあるのでしょうか?

25周年ライブも控えていただけにファンは残念でしょう。

個人的にはまた5人のTOKIOで活躍して欲しいと願っています。

 

最後までお読み頂きありがとうございます

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年4月は月間810,000PV達成しました。