辰巳渚さんバイク事故で死去 事故原因は何?葬儀は7月1日

【訃報】

捨てる技術の著者である辰巳渚さん(52)がバイク事故で死亡しました。 軽乗用車と正面衝突とのことですが、過失はどちらにあるのでしょうか?

また、辰巳さんは夫とバイクでツーリング中だったとのことです。 辰巳渚さんは離婚されており、現在の夫とは再婚ですが、共通の趣味であるバイクで当日も仲良くツーリング中に事故は起きてしまいました…

 

検証していきます、最後までお付き合いください

 

【訃報】辰巳渚さん バイクで正面衝突

 

ベストセラー「『捨てる!』技術」の著者で、文筆家の辰巳渚(たつみ・なぎさ、本名加藤木綿子=かとう・ゆうこ)さんが26日午後2時15分、交通事故のため長野県佐久市の病院で死去したことが27日、分かった。

 

52歳。福井県出身。葬儀・告別式は近親者で営む。喪主は夫、秀一(しゅういち)氏。お別れの会を7月1日午後1時半から東京都台東区西浅草3の17の1、浅草ビューホテルで開く。

 

出版社勤務を経て、マーケティングプランナーとして活躍。2000年刊行の「『捨てる!』技術」は、大胆に捨てる整理・収納術を提案して100万部を超えるベストセラーとなった。

 

掃除や食事の作法などを親子で学ぶ「家事塾」を主宰。16年に生活哲学学会を設立、代表理事を務めていた。他の著書に「『暮らす!』技術」「子どもを伸ばすお片づけ」など。

 

長野県警軽井沢署などによると、26日午前9時ごろ、軽井沢町の国道146号で辰巳さんの大型バイクと軽乗用車が正面衝突。辰巳さんは全身を強く打ち、搬送先の佐久市の病院で死亡が確認された。同署が、詳しい事故の状況を調べている。

 

 

辰巳渚さん プロフィール

辰巳渚

家事塾代表・文筆家。1965年生まれ。

 

『月刊会クロス』記者、出版社勤務を経て、93年フリーのマーケティングプランナーとして独立。2000年、『「捨てる!」技術』が100万部を超すベストセラーに。

 

現在、東海大学芸術学部非常勤講師、金城学院大学消費生活科学研究所客員研究員。『「片づけなくてもいい!」技術』(宝島社新書)、『家はこんなに変えられる』(大和書房新書)、『なぜ安アパートに住んでポルシェに乗るのか』(光文社)、『子どもを伸ばす毎日のルール』(岩崎書店)など、著書多数。

 

辰巳渚さんには4人の娘さんがいた

辰巳さんと元旦那の間に2人の娘がいることは以前ブログでも公表しておりました。ということは、再婚した男性の娘さんも2人いるということですね。

 

 

辰巳渚さん 昨年バイクの免許を取ったばかりだった

 

辰巳さんですが、昨年バイクの免許を取ったばかりでした。

HOLICSという媒体で昨年語っておりました。

今年に入って二輪の免許を取り、リビングにはバイクが仲間入り。目下の懸案は、息子が独立してあいた2階の部屋の活用法だそう。辰巳さんの小さな家からは、あふれるほどのアイデアが日々生まれ続けています。

HOLICSより引用

 

辰巳渚さんの事故原因はなに?

事故があったのは国道146号線。

地図で確認して見た所、カーブが連続してあり、辰巳さんもしくは軽自動車を運転している方が車線をはみ出したのか?

 

事故状況がまだわからない為、情報が入り次第追記致します。

 

辰巳渚さんの葬儀は7月1日

 

葬儀は近親者で営む。喪主は夫秀一(しゅういち)さん。

お別れの会は7月1日午後1時半、東京都台東区西浅草3の17の1の浅草ビューホテル。

 

 

ネット上の声は

 

  • ええええええ。事故死。。ご冥福をお祈りします。。突然の死は、心の準備がまっったくできていない分、周りの方は辛いでしょうね。。

 

  • 捨てる技術は、ベストセラーでしたので、
    読ませていただきました。交通事故とは本当に残念です。
    突然の事故で、ご家族の方は
    心の整理がなかなかつかないと思います。
    ご冥福をお祈りいたします。

 

  • うわっ、気の毒。

 

  • 私は断捨離やときめくより、この本のほうが面白かった。

 

  • 「捨てる技術」が世に出たときは結構衝撃的でした。
    この本を読んだ直後、片付けし始めていました。
    その後、他著者の片付け本がいくつも出たけど、
    捨てる技術ほどの感動はなかったです。

 

  • 辰巳さんの本を読み込んで家がスッキリ片付きました。
    ショックすぎる。

 

  • 捨てる技術、読みました
    なかなか捨てることは、出来ませんでした。
    が、衝撃でした。交通事故死ですか。
    残念です。

 

  • 今となってみれば元祖断捨離&元祖ミニマリストでしたね。
    ご冥福をお祈りいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。