谷岡郁子 パワハラ会見”動画あり”そもそも発言に世間は興ざめ

【そもそも伊調馨さんは選手なのですか?発言にお茶の間は興ざめ】

レスリングの伊調馨選手へのパワハラ告発問題で、加害者とされる栄和人監督が所属する至学館大学の学長:谷岡郁子学長が3月15日会見を開いた。

そこでの谷岡学長の発言そのものがパワハラではないか?との声が多数挙がっており、世間は興ざめしている。動画とともに検証していきます。

 

最後までお付き合いください

 

私の怒りは沸点に達しました 怒りの会見

日本レスリング協会強化本部長で至学館大学レスリング部監督の栄和人氏が伊調馨選手にパワハラをしていたとする告発状に対し、谷岡郁子・至学館大学長(63)が会見を開いて反論した。

しかし、その発言内容などから「逆効果だった」との指摘も相次いでいる。

ノンフィクション作家の吉永みち子氏(68)は「逆にこういう体質の中で伊調さんは苦労していたのかなと思ってしまう」と吐露。

元NHKアナウンサーの堀尾正明氏(62)からは「栄さんにもパワハラを働いていた気がしてならない」という意見も出た。

J-CASTより引用

 

会見動画はコチラ!

「私の怒りは沸点に達しました。もう我慢できない。私は本当に怒っています」と明言した通りの会見となった。現役続行に迷いをのぞかせる伊調選手を「選手でない人」「五輪をめざすはずがない人」と呼び、「(東京五輪での)5連覇を阻止するということが存在できるでしょうか」と告発内容に苦言を呈した。

 

栄和人監督はチキンハート

 

谷岡学長は2018年3月15日の会見で、告発状に対して「訳の分からない風評被害」などと真っ向反論。学生、特にレスリング部には「心無いメール」が寄せられていることから「これ以上甘受することはできない」と会見の背景を説明した。

 

栄氏への言及も多かった。伊調選手は練習場が定まっていないとされるが、谷岡学長は至学館大の道場が栄氏個人のものでなく、「私が使わせると言えばいつでも使うことができる」として、「その程度のパワーしかない人間なんです、栄和人は」と発言。

 

「パワーのない人間によるパワハラが一体どういうものであるか、私には分かりません」とパワハラを否定した。

 

また、学生に話を聞いたとして「監督は小心者だから、臆病だから、メンタルが弱いから、チキンハートだからと、言葉は違いましたが、監督がボロボロになるのではないか、病気になるのではないかと、(選手たちは)深く心配しておりました」とも述べ、栄氏を擁護している。

 

ネット上の声は

 

  • この人が黒幕なのか。存在自体がパワハラ。

 

  • 何よりも伊調さんが可哀想でならない

 

  • もう出ない方が良いですね。

 

  • この人も伊調選手に対して随分冷たいこと酷いことを言ってるね
    この人が言ってることもパワハラだ

 

  • 少なくともこの人は良き人格者ではない。
    観ていて非常に腹立たしい会見でした。

 

  • 「至学館大学」なんて大学名初めて聞いた。まあ実態は大学ではなくてレスリング教習所だろうね。

 

  • 学長の会見の言葉自体が個人にとってはパワハラなんだけど、分からないのかな?伊調選手の引退表明で初めて選手じゃないと言われるのではないかと私は考えます。

 

  • 4連覇・国民栄誉賞を受けた伊調「選手」に対し、リスペクト無さすぎ。教育者として失格。

 

  • このオバさん、威圧感が半端なかった。この否定会見は失敗。余計にパワハラしてたことを証明してるようなもの。テレビでのコメントでさらに反感買った至学館。選手達が可愛そうですね。

 

  • パワハラの映像化に成功しましたね。
    教材として使えるわ。

 

  • この学長の会見で、学長のパワハラが決定しました!誰が見ても、これがパワハラと思ったのでは?

 

  • すごい圧のある言い方の学長。
    普段からこの人に物が言える人はいないんでしょうね。
    3倍返ってきそうですから。
    こういう人が上司だったら部下はみんなイエスマンになりそうです。

 

最後までお読み頂きありがとうございます

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。