原宿竹下通りで逆走テロ!日下部和博【顔写真あり】を殺人未遂で逮捕。オウム真理教との関係は?

事件のポイント

平成31年1月1日の午前0時に、原宿の竹下通り約100mを軽自動車がノーブレーキで逆走し、歩行者8人にケガを負わせ、1人が重症を負った。容疑者の男が殺人未遂容疑で逮捕された。なお、車に火を放つための灯油、液体を噴霧すための高圧洗浄機を後部座席に積んでいた。事件の約20分後、代々木公園で警察に確保された。「灯油で車ごと燃やそうと思った。それができなければ人をひこうと思った」「テロを起こした。人をはねた。」と供述している。

(※追記 1月2日)
当初は明治神宮での犯行を計画していたが、通行止めにより犯行に及ぶことができなった為、竹下通りに変更した。他に上野でも犯行を計画していた模様です。

このテロの犯人は?

氏名:日下部(くさかべ)和博 ⇐ 自称
年齢:21歳
職業:不詳 ⇐ 無職(※1月2日追記)
住所:不詳 ⇐ 大阪市寝屋川市、祖母と二人暮らし。(※1月2日追記)
1か月前に免許を取得、大阪ナンバーのレンタカー(ダイハツ・ムーブ)で大阪付近から来た。

犯行の動機は?

オウム真理教死刑囚の死刑執行に対しての「死刑制度への報復」 ⇐ オウム真理教の関係者であるかはまだ判明していません。

オウム真理教死刑囚の死刑執行とは?

テロの標的となった「原宿・竹下通り」とは?

ソース記事はコチラ!

猛スピードで100メートル以上、ブレーキ痕も確認されず 原宿・竹下通り暴走

1/1(火) 18:03配信

平成最後の年越しを迎えた直後、「若者文化」を象徴する人気のストリートを軽乗用車が暴走した。東京・原宿の竹下通りで1日未明、軽乗用車が逆走し、歩行者8人を次々とはねた事件。殺人未遂容疑で逮捕された自称・日下部(くさかべ)和博容疑者(21)=住所、職業不詳=は車に火を放つための灯油を後部座席に積み、100メートル以上の距離を減速せず暴走したとみられる。動機は「死刑制度への報復」。無関係の人たちが凶行に巻き込まれた。

【写真】竹下通りで歩行者をはねた軽乗用車

同日午前0時ごろ、明治神宮に向かう初詣客らでにぎわうJR原宿駅からほど近い竹下通りは、多くの店舗がシャッターを下ろし静まり返っていた。初詣にあわせ車の通行禁止の規制が敷かれ、人影もまばらだった。

捜査関係者らによると、普段から一方通行で進入禁止の明治通り側から1台の軽乗用車が入っていく様子を防犯カメラが捉えていた。

道幅5メートルほどの通りを猛スピードで走行し、30メートル余り先のショッピングモール付近で歩行者の男性をはねた。その後も横に並んで歩いていた4人のうち3人を吹き飛ばすなど計8人を後方からはねていき、進行方向左側のビルの外壁に激突してようやく止まった。

通りでの走行距離は100メートル以上でブレーキ痕はなかったとされており、フロント部分は原形をとどめないほど大破していた。

「何をしているんだ!」。目撃していた男性(19)が問い詰めながら運転席側に近づくと、男がいきなり飛び出して殴りつけ、そのまま逃走。後部座席には中身の灯油がこぼれだしていたポリタンクと、液体を噴霧できる高圧洗浄機が残されていた。

午前0時12分には事件を知らせる119番通報が寄せられ、救急車や警察車両が続々と集まり、道路に倒れ込んだ負傷者たちを救急隊員たちがストレッチャーに乗せた。「大事件だよ、これ」「ひき逃げだって…」

規制線の外では若者たちがスマートフォンの検索で事件を調べるなどしながら不安そうに見守った。

通報の約20分後、緊急配備を敷いていた警視庁は不審な男を見つけた。場所は現場から数百メートル離れた代々木公園の敷地内。未明の凍えるような寒さの中、日下部容疑者が薄着でふらつき、全身から灯油の臭いを発していた。職務質問、任意同行され、警察官の質問にこう答えた。

「テロを起こした。人をはねた」

産経新聞

ネットの声

ネットの声 Aさん
死刑制度への報復の為、何の関係も無い人を死に追いやろうとするのは矛盾だと思わなかったのかな。結局自分の欲求を満たしたかっただけでしょ。軽い刑なら、きっとまた再犯すると思う。一生精神病院に監禁するか、テロ行為として極刑にすべきだと思うけど。
ネットの声 Bさん
死刑制度に反対ならば然るべき処で話をするべき、関係の無い人々に危害を加えて自分の主義主張を訴えるのはテロ以外考えられない、厳罰を望みます、テロとくそ法に反対の皆さんあなた方の家族が今回のような事件に巻き込まれても反対と叫び続きますか?
ネットの声 Cさん
本当に凶悪なテロリスト!動機と自称・日下部というのが気になる!
通名なら本名報道すべきだし、免許証記載も本名にすべき!

2008年の秋葉原での事件を思い出す。動機は死刑制度への報復と言っているようですが、言っていることとやった事が辻褄が合っていない。ここまでの事をするのはやはり何らかの精神疾患が疑われるが、そこが結局、今後刑事責任を問えるかどうかの争点になってくるんだよなぁ。死刑制度反対と言いながら本人は死刑になる様なことして死を望んでいるようにも思う。何はともあれ怪我をされた方々の回復をお祈りしています。

死刑制度と今回の行動とどうやったら結びつくのか。でも、過去を顧みてもこういった危険思想や行動はどうしてもゼロにはならないのかな。こういった主張しかできなかったのか、残念です。怪我された方が早く回復されることを願います。

さいごに

 

Mr.X

正月のおめでたい時をあえて狙っての信じがたい犯行が起きてしまいました。2年後に東京オリンピックを控えています。このオリンピックと言うイベントでは、各国の諜報活動が最も盛んになります。各国のスパイがこれを機に日本に潜入します。オリンピックの選手がスパイだったなんて話はざらにあります。

また、同様に日本の国家転覆を狙うテロ組織なども活動しようとします。テロ組織にとっては、これ以上のタイミングはありません。東京オリンピックでのテロを防げるかどうかで、今後の日本の危機管理能力は評価されます。管理能力が低いと見れば、テロ組織は日本での地下組織化を急速に進めます。それに感化されてしまう日本人も多いでしょう。

日本も今までの平和ボケでは済まされない時代がもう来ています。国民自らが、無差別で悲しいテロ事件に巻き込まれないように意識改革が必要なのではないでしょうか。

※この記事は、平成30年1月2日に公開しましたが、1月3日に追記、再投稿しました。

最後までお付き合いありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。