カヌー 鈴木康大 禁止薬物を小松正治の飲み物に混入させる

【悲報】

衝撃的ニュースです。

カヌースプリントの日本選手権で2020年オリンピックを目指す中、水を差す事件が起きました。

相手選手のドリンクに禁止薬物(メタンジエノン)を入れ、ドーピングの陽性反応が出たとして話題になっております。

禁止薬物を入れた選手は鈴木康大選手との事です。

事件の詳細と共に検証していきます。

 

最後までお付き合い下さい

 

禁止薬物をライバルのドリンクに混入させる 事件の詳細

昨年9月に石川県小松市であったカヌー・スプリントの日本選手権で、カヤックシングル(1人乗り)に出場した男子選手(32)が、別の男子選手(25)の飲み物に禁止物質を入れ、レース後のドーピング検査で陽性になっていたことがわかった。

2人とも、昨年8月にチェコであったスプリント世界選手権の日本代表で、2020年東京五輪の日本代表入りを目指すトップ級選手だった。

禁止薬物を混入した選手は、日本カヌー連盟や日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の調べに対し、2020年東京五輪出場が危うくなったと感じライバルを陥れようとした、と説明している。

関係者によると、禁止薬物は筋肉増強剤とも呼ばれるたんぱく同化ステロイドの一種。

加害選手はインターネット通販で入手し、レース中に放置されていた被害選手の飲料水用ボトルに混入した。

レース後に気づかずに飲んでドーピング検査で陽性になった被害選手は無実を主張。

日本カヌー連盟が調べたところ、混入の疑いが浮上した。疑われた加害選手はすぐに認め、陽性になった選手に謝罪したという。

昨年12月までにJADAの調査で全容が判明。8年の資格停止処分を決め、近く連盟が発表する。

朝日新聞より引用

 

関係者によると、鈴木選手は、インターネット通販で購入した筋肉増強剤ともいわれるたんぱく同化薬の一種を、レース中に放置されていた小松選手の飲料水用のボトルに混入したという。その動機について、鈴木選手は「東京五輪出場が危うくなったと感じ、ライバルを陥れようとした」などと説明した。

 

非常に情けなく、スポーツマンシップに欠けた行動と言っていいでしょう。

鈴木選手ですが、奥さんと共に、SPORTS CLUB DREAMというスポーツジムも経営しております。夫婦揃って二人三脚で頑張ってる矢先にこの様な事が起きてしまい、非常に残念です。

 

いくら、選手生命が掛かってるとは言え、切磋琢磨してるライバルに対し、無礼な行動です。

 

 

使用した薬物はメタンジエノンとのこと

冷戦期に米国がソ連に対抗して開発したステロイド剤「ダイアナボル」の主成分として知られる。

摂取することで体内テストステロン(男性ホルモン)濃度が高まり、短期間で筋肉が作られやすい状態になる。

日本では、15年9月に非五輪競技のパワーリフティングの選手がメタンジエノンによるドーピング違反を犯し、JADAから4年間の資格停止処分を受けている。

 

 

鈴木康大選手 画像まとめ

 

元カヌー選手の奥さん

 

ネット上の声は

 

  • 情けない。
    事実上アスリートとしては終わったね。

 

  • スポーツマンシップはどこいった。
    ライバル憎しと思うと、バレたら
    どうなるかなんてぶっ飛ぶのかな。
    五輪に出たくてやったなら、
    出さないのが一番のお仕置き。
    名前も公表していないが、
    まぁ、もう無理でしょう。

 

  • 23歳の方は無実が証明されて本当に良かったな
    昔、有名なボディビルダーも同じ事されたんだよな
    かわいそうに

 

  • 被害を受けた選手の健康状態は、大丈夫なのか?
    まさかとは思うが、オリンピックをはじめとする大会に参加出来ないなんてことはないよね⁈
    彼の救済を第一に考えてほしい。

 

  • 他の競技でもありそうだ。
    トランプなみの警戒が必要だ。

 

被害後、最初に相談したのは鈴木選手 そのぐらい仲が良かった

鈴木は小松と非常に仲が良く、ドーピング発覚後、小松が最初に相談したのも鈴木選手だったそうです。

処分から1か月後の11月20日、都内で連盟幹部に「私が弱い人間だった。無実の小松をこのままにしておけない。償いたい」と話して“犯行”が発覚した。

昨年8月のハンガリー遠征中、インターネットでメタンジエノン50錠を購入。日本選手権前に千葉の実家から宿舎に郵送し、試合前日に1錠を砕いて準備するなど計画的犯行だった。

 

さいごに

 

協会、そして嫁からの期待、何としてでもオリンピックに出たいという強い思いからこのような犯行に及んだと思います。 一時の感情でやってしまったものの、ずっと胸の奥底には「なんでやってしまったのだろう・・・」と後悔の念があったかと思います。

8年間の資格停止処分ということで、実質選手生命が絶たれてしまったかと思います。

 

今回の事件がなければ、夢のオリンピック出場は出来ませんでしたが、地元で夫婦そろってジム経営やカヌー教室をしているので、大きく稼げるかは分かりませんが、生活には困らなかったでしょう。しかし、今回の行動によりそれは厳しいのでは・・・

 

本人の更生次第だと思いますので、私は頑張って欲しいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございます

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。