「HUGっと!プリキュア」で初の男の子プリキュア誕生!

プリキュア・シリーズは2004年の放送開始から、すでに第15弾「HUGっと!プリキュア」が放送中です。そんな、プリキュア・シリーズに、昨今のフィギュアスケート人気もあってか、とうとう男の子のプリキュアが誕生しました。

www.toei-anim.co.jp

 

それでは、今回は『初の男の子プリキュア誕生』にスポットを当てます。

[ad#co-1]

<HUGっと!プリキュア>初の男の子プリキュア誕生に感動の声 男の子でもプリキュアになれる!

12/2(日) 11:21配信

人気アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの第15弾「HUGっと!プリキュア」の第42話「エールの交換!これが私の応援だ!!」が2日に放送され、初の男の子プリキュアのキュアアンフィニが登場したことが話題になっている。第42話では、フィギュアスケーターの若宮アンリがキュアアンフィニに変身。2004年にスタートした同シリーズで男の子のプリキュアが登場するのは初めてで、今後もキュアアンフィニが登場するかは不明だが、SNSでは「泣けた」など感動の声であふれた。

「HUGっと!プリキュア」のキャッチコピーは、「なんでもできる!なんでもなれる!輝く未来を抱きしめて!」で、SNSでは「男の子でもプリキュアになれる!!!」「男の子もプリキュアになれる時代がきた」「男の子プリキュア爆誕」などという声も見られた。

キュアアンフィニに変身したアンリは、これまでも「男らしさ」「女らしさ」という価値観に対して疑問を呈したことも話題になっていた。実は「プリキュア」が、ジェンダーに向き合うのは「HUGっと!」が初めてではない。

シリーズの生みの親とも言われる東映アニメーションの鷲尾天プロデューサーは「(初代『ふたりはプリキュア』を手がけた)西尾(大介)監督と最初から一致していたのは『男らしさ』『女らしさ』という言葉を使わないこと。ジェンダーを意識していた」と話したことがあり、その伝統が脈々と受け継がれ、キュアアンフィニが誕生したのかもしれない。

「HUGっと!プリキュア」は、超イケてる大人のお姉さんになりたい中学2年生の野乃はなが、元気のプリキュア・キュアエールに変身し、みんなの未来や、赤ちゃんのはぐたん、大切なものを守るために戦う姿が描かれている。毎週日曜午前8時半に放送。

headlines.yahoo.co.jp

[ad#co-1]

ネット上の声

ネットの声 Aさん
「女の子もヒーローになれるコンセプトがセーラームンやプリキュアで、一回転して男の子もプリキュアになれるになったのか。」

 

ネット上の声 Bさん
「一番影響受ける視聴者の子供達は大人みたいにうがった見方をせずに、トランスジェンダーの子に対して偏見を持たずに、受け入れれるきっかけになれるかもしれないので、いいと思う。」

 

ネット上の声 Cさん
「色々な価値観があって良いとは思う。ドレスやリボンが好きな男の子、素敵だと思う。ただ、自分の息子が男性を結婚のパートナーとして連れてきたら平静でいられる自信はない。受け入れたいとは思うけれども。」

[ad#co-1]

さいごに

Mr.X
確かに、昔から男の子の戦隊ヒーローものには、女性ヒロインがいましたね。
こう考えると、女性のヒロインものには、男の子のヒーローがいなかったのも不思議な感じがしますね。
深いところでは、トランスジェンダー問題まで関係しているようです。
これを機会に、これからは、女の子のアニメに男の子のヒーローがどんどん出る時代がくるかもしれませんね。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。