おおきく振りかぶってのセクハラ画像(胸を揉む仕草)とは?批判殺到で即削除か

舞台「おおきく振りかぶって」の公式Twitterで不適切な投稿をしたとして、不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます。と謝罪をした。

一体そのセクハラ画像とは?どのようなポーズをしたのか? 検証していきます。

 

最後までどうぞお付き合いください

 

おおきく振りかぶって セクハラ画像投稿で謝罪

舞台「おおきく振りかぶって」の公式ツイッターが不適切な投稿をしたとして16日、「すべてのファンの皆様、原作、ひぐち先生ならびに版元様、出演者の皆様に不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。すでに問題の投稿は削除されている。

 

一体どのような画像だったのか?

舞台「おおきく振りかぶって」はひぐちアサ氏の人気野球漫画が原作。舞台の公式ツイッターでは、前日15日に百枝まりあ役の渡辺安理(34)の誕生日を祝う様子を投稿。

 

渡辺が演じる原作のキャラクターがバストが大きいことにちなんで、男性キャスト陣が胸を強調するポーズを取る画像を添え、「ポーズの意図、皆さんはもちろんおわかりですよねっ」とツイートしていた。

 

問題の画像はコチラ

 

問題とされている画像はコチラですが、確かに万人に受けるポーズか?と言われればそうではありませんが、全ての人に受けようとする方が難しいですし、居心地が悪い世の中だな。と感じます。

 

SNSで簡単に一人の小さな声が大きくなり、拡散されるのでその影響力は確かに少し怖いものもあります。なんでも○○ハラスメントと言ったもん勝ちになってしまう風潮も私は好きではありません。

 

今回の件もその場のノリでやったことですし、そのまま流していればここまで話題にもならなかったことでしょう。

 

少し過剰すぎるな・・・と感じました。

 

ネット上の声は

これに対し、ファンからは「完全にセクハラ」「現場のノリなんだろうけど、ちょっと引きました」「そもそもこのツイートで何を伝えたかったのか」「原作を汚さないでほしい」など批判の声が殺到し、ツイートを削除する事態に。

 

運営側は公式ツイッターを通じて「本日の公式配信に不適切な内容があり、削除をさせていただきました。すべてのファンの皆様、原作、ひぐち先生ならびに版元様、出演者の皆様に不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。申し訳ございません。再発防止に向けて一層気を引き締めてまいります」と謝罪した。

 

  • というかモモカン役の人、前回と変わってたのか。
    前回の久住小春がそんなに不評だったのか。

 

  • これでセクハラになるなら日本のアニメ・漫画の女性キャラについて言及することも憚れるね。

 

  • このマンガは好きなんだけど、意味なく監督の胸が大きいのが不満だった。何か作者の思いがそうさせるのだろうが、こうなるのは必然かと思う。
    他にも必要以上に男子同士のエロ話が出たり、女性作者の根っこに何かの思いが色々あるのは感じてた。

 

  • この漫画(アニメ)は大好きだったんだけど、美丞大狭山高のコーチと捕手のエピソードが不快すぎて見るのをやめた。
    いま日大アメフト部で同じようなことが起こって、あらためて思い起こさせられる。。。

 

  • おかしいな?セクハラって受けた人がどう思うかだろ?この女優さんが何もいってないならセクハラじゃないんじゃないかな。

 

  • まずおお振り原作の下ネタの多さは年頃の男女が性的な話題に興味がないわけないので、そこを非難するのはどうかと思います。本題に関しては、原作におけるモモカンの立ち位置をしっかり分かっていればこんなツイートを発信しようとは思わないはずです。
    学生たちはモモカンを一監督として尊敬し、胸に関する話題を持ち出すことを嫌っています。お色気漫画でもあるまいし、やり過ぎだと思います。セクハラに関しては、女優さんご本人のお気持ちが定かではないからなんとも言えない節はあるけれど
    内輪ネタなら内輪で留めておけばいいもを、全世界にばら撒くからこうなる。
    それを観た私達が気持ちわるいなと思えばセクハラです。

    (当事者のみならず、それを見て不快になれば、それはセクハラになりますよ)

    20歳女性より。

 

  • これを批判する人ってどの立場?これを話題にすることが一番セクハラだと思う。

 

  • うる星やつらのラムちゃんも、ルパン三世の峰不二子も、ドラえもんのお風呂大好きしずかちゃんも、おパンツ丸だしワカメちゃんも、みーんなセクハラw

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。