中谷美紀さんが結婚?!レズビアン説とは何だったのか?

女優の中谷美紀さんがご結婚の報道が11月27日にされましたが、世間ではこの結婚に疑問が多々あるようです。それは、以前より中谷さんにあった噂「レズビアン説」です。

女優の中谷美紀さん

まあ、恋愛は、プライベートな問題ですし、人により恋愛対象が異性であっても同性であっても、今の世の中では何ら不思議なものではありませんよね。

ただ、世の中では、「あれ?中谷さんてレズビアンじゃなかったの?!」「何で相手が男性なの?!」なんて疑問に思っている方への解答となる記事がありました。

www.mikinakatani.com

 

それでは、今回は中谷美紀「レズビアン説」のニュースをお伝えします。

[ad#co-1]

中谷美紀「レズビアン説」とは何だったのか、ビオラ奏者と結婚で疑問浮上! ライターが暴露する真相とは!?

  女優の中谷美紀(42)が、ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者を務めるドイツ出身のエリート音楽家ティロ・フェヒナー氏(50)と2年間に及ぶ遠距離恋愛を実らせ、国際結婚したことが26日、スポーツ報知の取材で分かった。

 このニュースには多くのファンも歓喜。不倫略奪とはいえ、15年間にも及ぶ渡部篤郎との交際が実らなかったこともあり、中谷が幸せそうであることを素直に喜ぶコメントがネットでも目立つ。

 また、渡部との熱愛中もずっと噂されてきた「中谷美紀 レズビアン説」の信憑性を疑う声も。そもそも中谷の「ビアン説」とは一体何だったのか、これについて芸能ライターが指摘する。

「2005年に発行されたオシャレ系カルチャー雑誌『H』(77号/ロッキング・オン)のグラビアで、中谷がカヒミ・カリィとベッドで生肌をくっつけ合って抱き合ったり、中谷が男装してカヒミ・カリィとキスしているカットが数点あった。それがもう格好よくて。日本中のファンはもとより、ビアンたちの心を虜にしてしまった。ほかにも、90年代の主演ドラマ『ケイゾク』の番宣で、共演した鈴木紗理奈が『撮影後に中谷の自宅に行って一緒に泊まるほどの仲』という趣旨の発言した際、中谷は慌てて小声で『レズってバレちゃう』と囁いたように視聴者に聞こえたため、一気にその説が広がりました」(芸能ライター)

 LGBT事情に詳しいライターもこう語る。

「実際に、渡部と付き合っている頃も二丁目のレズビアンバーやゲイイベントで中谷の姿は度々目撃されていました。いつも美人を連れていたとの情報もあります。もちろん、ビアンバーやイベントといっても、ノンケが参加できるものも多いので、そこにいたからといってビアンとは限りませんが、バイなんじゃないかとは噂になっていましたよ。それで妄想が膨らんだ結果、中谷=レズビアンということで、願望も含めて固定化した感があります。ビアンが好きな日本の女優のアンケートを取れば、もう数年間ずっとトップ3に入っていますよ。ビアンだけでなく、ゲイからも圧倒的支持を誇っています。あの、凛とした姿はただ外見だけの美しさではありません。我が強くて冷静で、情熱もあって、差別や偏見もない人がもつ美しさで、その人間としての生き方や存在感に魅了される人が多いのではないでしょうか。たとえご結婚されたとしても、中谷さんはビアンの中の永遠のミューズでしょうね」

 とにかく同性からも異性からも好かれる中谷美紀。女優としての演技力にも定評があるだけに、結婚して生活が変われば、さらに役の幅が広がりそうだ。ちなみに本サイト・トカナでは「女性はみんなバイかレズ。ストレートなんていない!(最新研究)」や、「人類は全員ゲイ、100%ストレートなんていない(最新研究)」と報じられている。というわけで、中谷美紀がレズビアンかどうかを探る前に、今一度、自分を疑うべき人が多いのではないだろうか。
(文=マルコムメックス)

tocana.jp

[ad#co-1]

 ネット上の声

ネットの声 Aさん
「レズビアンには美しい人が多い。ホモセクシャルにもイケメンが多い」
ネットの声 Bさん
「レズビアンではなくバイセクシャルだったのか」
ネットの声 Cさん
「マスコミの報道は恐いですね。一度でも記事にされたら一生レズビアン扱いですもん」
ネットの声 Dさん
「これはレズビアンを隠すカムフラージュ婚かも知れない」

[ad#co-1]

さいごに

神秘的な美しさを持つ中谷美紀さん。その美しさゆえに、レズビアン説が出たのでしょうか。確かに、飛びぬけて美しい女性や男性には、ジェンダーの方が多いですよね。

今後も、その存在感で色々な役柄を演じて欲しいと思います。中谷さんが演じると演技に重さが出るんですよね。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。