金崎夢生が鳥栖に移籍した理由は?鹿島サポ「それはないって」

鹿島のエースとして君臨していた金崎夢生選手(29)ですが、サガン鳥栖に電撃移籍しました。サガン鳥栖と言えばトーレスが入団し話題となりましたが、金崎夢生も移籍となると無双状態となること間違いないですね。

豊田もいますし、高さ、テクニックでは他クラブを凌駕しそうですね。 しかし、何故鹿島から鳥栖に移籍となってしまったのでしょうか?

鹿島サポはショックを隠しきれていないです。検証していきます。

 

最後までお付き合いください

 

金崎夢生 サガン鳥栖へ電撃移籍

鹿島アントラーズに所属するFW金崎夢生が、サガン鳥栖へ完全移籍で加入することが決まった。24日に両クラブが発表している。

 

金崎は1989年生まれの29歳。

 

滝川第二高校出身で、2007年に大分トリニータへ加入した。

 

2010年からは名古屋グランパスでプレーし、加入1年目にはJ1初制覇に貢献。2012年途中からはドイツのニュルンベルク、ポルトガルのポルティモネンセでプレーし、2015シーズン開幕前に鹿島へ期限付き移籍で加入した。

 

2015シーズンは明治安田生命J1リーグで27試合に出場し、9得点を挙げて自身初のベストイレブンに選出。

 

翌2016年1月にポルティモネンセへの復帰が発表されたが、1カ月後に鹿島への完全移籍が発表された。

 

2016年には明治安田生命J1リーグと天皇杯の2冠を達成したチームで活躍を続けた金崎。今季開幕前、背番号を「33」から「10」へ変更し、エースナンバーを継承した。

 

今季は明治安田生命J1リーグ第17節終了時点(1試合未消化)で15試合に出場し、チームトップの7得点を挙げている。

 

金崎夢生のコメントはこちら

 

「アントラーズには3年半在籍し、本当に素晴らしい経験をさせていただきました。

 

わがままを言ってチームに迷惑を掛けたこともありましたが、チームメート、スタッフ、フロント、そしてサポーターの方々と共に戦い、タイトル獲得の喜びを分かち合えたことは、自分にとって大きな財産です。

 

そんななか、移籍を決意した理由としては、新しいチャレンジに向き合いたいという気持ちがあったからです。

 

アントラーズで培った経験を生かし、新たな挑戦に臨みたいと思います。

 

今まで応援していただき、本当にありがとうございました」

 

 

サガン鳥栖のコメントはこちら

 

「この度、サガン鳥栖に加入することとなりました、金崎夢生です。一日でも早くチームに順応し、勝利に貢献したいと思います。チームのために全力で戦いますので、応援のほどよろしくお願いします!」

 

なお、金崎の鳥栖での背番号は「44」に決定。元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス、FW豊田陽平が加入したチームで、強力な攻撃陣を形成することが期待される。

 

金崎夢生が鳥栖に移籍した理由は?

 

なぜこのタイミングで移籍したのでしょうか…?

 

優勝を目指すならば鹿島のほうが断然チャンスはあります。また、背番号10を背負っている自覚があるのであれば移籍はしないはず…

 

金銭面? フロントや監督との確執? それともトーレスとプレーをしたかった?

 

金崎夢生選手は「移籍した理由は新しいチャレンジに向き合いたい」とのコメントをしておりますが本心はどうなのでしょうか?

 

ネット上の声はこちら

 

  • えええええ。
    これ、鹿島のサポーターどう思ってんの。鹿島の戦力ダウンと鳥栖の戦力アップのコントラストがすごいな。

 

  • え?意味わかんないんだけど
    金崎アントラーズから移籍するとか
    サイゲも本気出してきたなぁ

 

  • えええええええええ!
    衝撃すぎる!
    鹿島大丈夫か!?

 

  • 鹿島でチーム得点王のエースなのに。給料など待遇が良かったのかな。謎移籍。

 

  • 鹿島サポです。
    いや、ちょっと、ショックですね。
    でも、前を向いて行こう。
    鈴木優磨に自分は期待します。

 

  • は?
    なんで?
    鹿島サポじゃないけど意味がわからない。
    鳥栖に行っても絶対レギュラーとは分からないぞ?
    豊田、トーレス。
    イバルボの代わりか?
    これがサプライズだったんだな。

 

  • フォーワードが多過ぎでは?
    豊田選手がサブなら、他のチームにレンタル移籍でプレーする機会を与えて欲しいです。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。