溝部隆さん(JR社員) レール凍結防ぐ作業中にはねられ死亡 【福岡】

【悲報】

16日午後6時35分ごろ、福岡市東区のJR鹿児島線箱崎−千早駅間で作業をしていたJR貨物九州支社の溝部隆さん(56)が久留米発小倉行き普通列車にはねられ死亡しました。

 

溝部隆さんとはどの様な人物なのでしょうか?

 

最後までお付き合いお願いします

 

 

溝部隆さん レール凍結防ぐ作業中に列車にはねられ死亡

 

16日午後6時35分頃、福岡市東区名島のJR鹿児島線箱崎―千早駅間の線路上で、JR貨物九州支社の50歳代の男性社員が、久留米発小倉行きの普通列車(6両編成)にはねられ、間もなく死亡が確認された。

 

亡くなったのはJR貨物九州支社の溝部隆さん(56)

 

乗客約500人にけがはなかった。

 

同支社によると、男性は当時、同僚と2人でレールの凍結を防ぐための作業をしていたという。福岡県警東署が事故原因を調べている。

 

JR九州によると、この事故の影響で、鹿児島線の一部区間で約1時間35分にわたって運転を見合わせるなどし、特急列車を含む計17本が運休、約1万6000人に影響した。

地図はこちら

 

 

ネット上の声は

 

  • 事故にならないように寒い中に仕事をしていたのにその方が事故にあってしまうのは悲しい。

 

  • 亡くなった方含めて、どこにミスがあったのか分からないけど、あり得ない事故だ。

 

  • ダイヤもわかってて、監視役も立ててる筈なのにありえない事故だな〜。ご冥福をお祈りします。

 

  • 一般の方はよく勘違いされているんだけど、実は列車って接近しても走行音はほとんどないんだよね。駅ホームや踏切などの傍で列車が通過するときは確かに物凄い音や振動、風圧を感じるけどさ。列車に背を向けている状態(列車を視認できない状態)だと列車が接近しても(運転士による)警笛を受けない限りまあ気付かない。運転士が豆粒ほどの作業員に気付いて警笛を鳴らしても距離によっては逃げ切れないのが現実。
    だからこそ現場では作業員とは別に列車見張を立て、ダイヤ確認も徹底するんだが……作業責任者と列車見張員は一体何をしていたのやら。この手の触車事故に関しては作業責任者はもちろんのこと、列車見張員が負うべき責任はそれ以上に重い。

 

  • 線路の作業時は必ず監視役を立てるはずだけど。いずれにしても責任者は業務上過失致死に問われるでしょうね。

 

  • 今日、普段車で出勤する同士のうちの社員と【雪が降ったらどうやって出勤するか】って話をしたんだ。私鉄やバスは止まってしまうけど、JR は大丈夫そう
    なんて会話をしたけど、
    こうやって電車が止まらない様に作業してくれてる方がいらっしゃるから、出勤できる安心感があるんだって
    再認識させられた。ご家族への哀悼とご冥福をお祈りするとともに、
    安全な交通を守る皆様への感謝を申し上げます。
    本当にありがとうございます!

 

さいごに

線路上で作業をする際は、列車のダイヤ確認はしているかと思います。

監視役も立てておらず、人員削減した結果でしょうか・・・

何れにせよ、重大な事故ですので、二度とこのような事故がないよう再発防止策が必要ですね。

亡くなられた作業員もそうですが、運転していた方もやるせないでしょうね。

ご冥福をお祈りします。

 

最後までお付き合い有難うございます

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。