宮川紗江が契約解除の理由はなぜ?パワハラ騒動の真相とは。闇が深い

体操女子で16年リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江さん(18)が所属しているレインボーから所属を解除されました。 ん? 宮川紗江さんと言えば先日、速見コーチからのパワハラを受けたと報道されておりましたよね?

しかし、宮川さんは速見さんからのパワハラはなかった。引き続き指導をしてほしいとのこと。

 

一体真相はどうなっているのか? そして、所属先のレインボーのコメントはあるのか? 検証していきます。

 

最後までどうぞお付き合いください

 

宮川紗江 パワハラ騒動の末 自身が契約解除 なぜ?!

体操女子で16年リオデジャネイロ五輪代表の

宮川紗江(18)が22日、所属先のレインボーから

所属を解除された。

 

今年5月にレインボーと20年8月末

までの契約を結んでいた。

 

宮川は、自らへの暴力行為で日本協会から

無期限の登録抹消などの処分を受けた

速見佑斗コーチ(34)について

21日に「パワハラとは感じていない」

などと見解を発表。

 

日本協会から練習場所の提供と、

日本協会専任コーチによる指導を提案されているが、

速見コーチの指導を引き続き望む意向を示している。

 

今後の所属先は決まっていない。

 

速見コーチからのパワハラの内容とは?

 

宮川紗江(18=レインボー)を指導する速見佑斗コーチ(34)に同日付で無期限の登録抹消と味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での活動禁止処分を科した。選手の頭をたたいたり、髪を引っ張ったりする行為が繰り返し確認され、聞き取り調査をしたところ、コーチ本人が事実関係を認めたという。

体操界に激震が走った。リオデジャネイロ五輪女子団体のメンバーで、20年東京五輪でも期待される18歳宮川が、マンツーマンで指導を受ける速見氏から殴るなどの暴力を受けていたことが明らかになった。

時期は明らかにされていないが、速見氏の暴力行為を複数人が目撃し、報告を受けた日本協会が調査に着手。速見氏本人に聞き取りをし、認めたため、無期限の登録抹消処分に至った。速見氏は日本協会主催の大会に参加できないほか、代表選手の活動拠点であるNTCの出入りも無期限禁止となる。代表候補である宮川に対する指導、練習場所の提供は日本協会の女子強化本部が支援する。

日刊スポーツより引用

 

レインボー代表は北折明子氏

 

宮川紗江さんが所属していたレインボー体操教室。

ここの代表は北折明子氏が代表を務めていました。

 

様々な経歴や資格をお持ちですね。

 

北折明子さんですが、

公益財団法人日本体育協会の

公認コーチも務めています。

 

恐らくですが、速見コーチからの

パワハラは間違いなくありましたが、

宮川選手はそれをパワハラとしては

受け取っていませんでした。

 

ですので、速見コーチからの指導を

今後も受けたい。

 

しかし、騒動が大きくなったいま

自身のレインボー体操教室の面目もある為

宮川選手を所属させておく訳にはいかない為

契約解除せざるを得ないのが本音でしょうね・・・

 

ネット上の声は

  • え?これはなぜ、、
    一刻も早く真相究明しないと、
    選手が可哀想すぎる。

 

  • それもパワハラ?

 

  • 協会との関係を忖度して切ったのかね?色々と闇を感じるなここは高須医院長の出番かな
  • アスリートファーストとはなんなのか
    わからんわね

 

  • ん?なんで?理由が全く分からない

 

  • 今回の騒動で、体操界も閉鎖的な体質なのだろうか?と思ったよ。

 

  • 何かよく分からん話になっている印象ですよね。真相が解らないだけにきちんとした調査をしないと。今のままだと新体操界をはじめヘタしたら女性アスリート全体の問題になり兼ねない。

 

  • 利権の絡んだ問題なのかな?
    協会がパワハラの当事者ですなぁ

 

  • パワハラ騒動と関係してるのかな?
    解除の理由はっきりしてほしい。

 

  • 所属先のサイトを見ると親子コースやキッズコースが設けられている。
    体罰容認コーチや体罰容認選手がいては経営が成り立たないという判断だろう。
    選手本人が容認したとしても、今の時代では受け入れられない。

 

さいごに

 

宮川選手、レインボーからともにコメントはありませんでしたが、先程前述した内容でほぼ間違いないのでは? 体操教室と、世間体を守るために速見コーチ、宮川選手ともに置いておくわけにはいかなかった・・・

 

これも、体操教室からのパワハラじゃないですかね・・・?

 

コーチ、練習場ともに失った宮川選手ですが、これからどこに所属するのか注目です。

 

最後までお読み頂きありがとうございます

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。