松山千春が激やせ【画像あり】原因(病名)は”自律神経失調症”による食欲低下か

箇所の松山千春さんが激やせしたと話題になっています。

8月5日に放送された札幌でのNHKのど自慢で出演されました。その中に歌も披露しておりました。 「ネット上では激やせしている! 」「めちゃくちゃ歌が下手になっている」「音ズレてる」など酷評されていました。

また過去には自律神経失調症を患っているとのことですが、一体どのような病気なのでしょうか?

 

どうぞ最後までお付き合いください

 

松山千春が札幌開催のNHKのど自慢に出演

8月5日、北海道の札幌市民ホール。この約1時間前、松山は『NHKのど自慢』にゲスト出演していた。

 

会場から盛大な拍手を浴びて登場すると、ひな壇では前かがみで出場者の歌に耳を傾け、手拍子でリズムを刻む。出場者が松山の持ち歌を歌って鐘2つの「不合格」だと、「納得いかないね~!」とステージ中央に飛び出た。

 

審査を待つ間には『大空と大地の中で』を歌う大サービスだったが、放送直後、視聴者からこんな声が聞こえた。

「ずいぶんやせて…お年を召されたなぁ」

「音程が不安定だし、高音はキツそう。何より声量がだいぶ落ちてる」

「ベストな状態には見えない。体調悪いんじゃないか」

 

 

NHKのど自慢の動画はコチラ

その時の動画がコチラです。

アレンジがくどく、高音も出ておらず、聞くに堪えない歌になってしまっています…

 

素晴らしい声の持ち主なだけに劣化した松山千春さんを見たくないというのが、ファンの本音でしょうね。 ただ、ファンサービス旺盛な松山千春さん。 体調が悪い中、歌った姿に感動しました。

 

 

ネット上の声は

  • 大丈夫かいな。
    無理したらアカンよ。
    まだまだ元気でいてもらわんと。

 

  • 大丈夫なのかなぁー。心配です。
    あなたの歌で癒され、あなたのトークで笑ってきたファンです。
    無理をなさらぬように。

 

  • 仲良しだった”たかじん”みたいにならない為にも
    しっかり体調管理して、出来れば禁煙もして欲しいですね。

 

  • まだまだ若い
    ファンのこと気にするのもいいですが、ファンの為に歌い続ける方がファンも喜びます。
    体調良くないならしっかりと治してステージで歌って頂きたい

 

  • のど自慢見たけど明らかに体調不良。
    千春さんの歌が聴けなくなるのは淋しいから用心してください。
    あとタバコはやめてください。
    またコンサート行きます!

 

  • 20年近く前の話だけど、友達とすすきのの某焼肉店に行ったら、偶然隣に松山千春さんがいて驚きました。スキンヘッドにゴールドの貴金属をギラギラさせて、いかにもヤ◯ザみたいな格好なのですが北海道弁丸出しでスタッフと和気あいあいと話されていました。あまりにもびっくりし過ぎて言葉を失っている私たちに、千春さんから気さくに声をかけて頂き握手してもらったのは本当に良い思い出です。
    体調面は気になりますが無理しないで素敵な歌声をこれからも聞かせて欲しいです。

 

  • 千春はサザンの桑田とほぼ同世代。
    あちらはライブでも、かつての声量のまま、まだまだ頑張ってる。
    少し養生して、また「超一流」の歌声を聴かせて欲しい。

 

 

松山千春さん”自律神経失調症”を患っている

 

1977年のデビューから約40年、松山はこれまで体のあちこちに病を患ってきた。

 

1991年、自律神経失調症を発症。2008年、全国ツアーの滞在先で体調不良を訴え、緊急入院。不安定狭心症と診断され、ツアー中止を余儀なくされた。

昨年8月、ラジオで自律神経失調症の再発を告白。今年1月にもラジオで、右足をくじいてしまい足の甲や指にしびれや痛みが起こる「腓骨神経麻痺」を患ったと語り、しばらく足を引きずったままステージをこなした。

 

さらに4月には糖尿病のためインスリンを打ったところ低血糖になり、救急搬送されている。

NEWS ポストセブンより引用

 

以前ラジオではこの様に答えておりました。

◆冒頭

秋のツアーに向けてポップな曲ができたので、

8月14日、15日。

5日間で11曲録音する予定で東京に行った。

1日目と2日目はレコーディングをした。

だが、スタジオ内は機材にあわせて冷房が効いている。

2日間スタジオにいたら身体がおかしくなった。

いわゆる

自律神経失調症の再発

ああ、おかしい。

自分の心と身体が離れていく。  

まずいな。

3日目。

一応、スタジオには行こうと思ったけど、

ホテルで、駄目だ、これ。

歌える状況ではない。

 

元、身体おかしいわ。

札幌に帰るべや。

 と、札幌へ帰った。

スタジオにいた夏目に電話。 
夏目、お前のアレンジに臍を曲げて帰ったのではい。
実は、自律神経がおかしくなってよ、

今、味覚と嗅覚がない。

何を食っても同じでにおいもしない。

歌を歌えといわれても、自分で、

どういう風に歌っているのか、

口をどういうふうにあけているのか。

それも分からない状況。

ちょっとしばらく休養させてくれ。


味覚、嗅覚と、

暑いか寒いか分からない。

俺、思ったもん。

スタジオで一生懸命やっていて、

こんな風になっちゃったわけだろ。

 

熊本の地震災害、九州の豪雨によって被災された方々。

たんなる体調ではないと思うんだ。

 

俺でさえ、こんな状況になっているのだから、

それこそ自律神経をやられたとか、

精神的に不安定な方はたくさんいらしゃると思う。

家や、仕事、これからのこと云々よりも、

ご自身の身体が大切。

 

そう考えると医療的なボランティア、支援は大切だとつくづく大事。

今週は休養していようと思ったが、

大阪で世話になった人の命日があったので今、大阪にいる。

 

俺もこれで何度目かね。

その中で、今回、一番重症ですね。

最初に(1992年初頭 36歳)、

この病気にかかったとき。
札幌のウエト先生、それと名古屋のサトウ先生。
サトウ先生、言ってくれたもんな。
精神安定剤とか、たくさん出るのだけど、  

千春、この病気で、

死ぬことはないから心配するな。

 こっちは色々な不安を抱えているときに、

その一言が、どれほど勇気付けられたことか。


----

◆エンディング

自律神経失調症。

これちょっと、この病は、

長いことかかると思いますが、

頑張ってレコーディングを再開したいと思っています。

 

https://ameblo.jp/chiharu1997/entry-12303350895.html

 

まだまだ若いですし、今後も松山千春さんの、

歌声を聞きたいファンの方はたくさんいます!!

 

体調を戻して以前のような声量がある、

胸に突き刺さる歌を聞かせてください!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。