久保木愛弓 顔画像あり,犯行動機は何?サイコパス看護師による残虐事件

2016年横浜市の大口病院で患者2人が相次いで中毒死した事件で当時看護師として勤務していた久保木愛弓容疑者(31)を殺人の疑いで逮捕しました。

 

顔画像もあります、一見すると普通の女性に見えるのですが人は見かけによらないとはこのことですね。

 

また、同じ様な方法で20名以上殺害したと供述しております。犯行動機は何なのでしょうか?

 

検証していきます、最後までお付き合いください

 

久保木愛弓容疑者 20名以上を殺害

2016年、横浜市の大口病院で患者2人が相次いで中毒死した事件で、神奈川県警は、当時、看護師として勤務していた31歳の女を殺人の疑いで逮捕した。

殺人の疑いで逮捕されたのは、横浜市の大口病院で、当時、看護師として勤務していた久保木愛弓容疑者。大口病院では2016年、西川惣蔵さんと八巻信雄さんが相次いで中毒死し、2人の体内からは「ヂアミトール」という消毒液に含まれる「界面活性剤」の成分が検出されていた。

神奈川県警は、6月29日から久保木容疑者を、連日、任意で聴取していたが、「点滴にヂアミトールを入れた」などと事件への関与を認めたことなどから、神奈川県警は7日、西川さんに対する殺人の疑いで久保木容疑者を逮捕した。

調べに対し久保木容疑者は「間違いありません」と容疑を認めた上で、「申し訳ないことをしてしまった」などと話しているという。

 

久保木愛弓の犯行動機はなに?

 

犯行の動機について、「自分の勤務中に患者が亡くなると、遺族への説明をしなければならず苦痛だった。勤務を交代する看護師との引き継ぎの時間帯に混入させていた」などと話していたことが捜査関係者への取材でわかった。

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。