小室圭 母親の顔画像はコチラ 借金まみれの実態とは 韓国人説はデマ!

 

.小室圭さんと眞子さまの婚約延期となりました。理由は「十分な準備を行う余裕はない」からである。一方、小室圭さんの母親には400万円以上の借金があったと週刊誌は報道している。一体何が真実なのか? 母親の借金が原因で彼らの婚約は延期、そして破棄されてしまうのか?

 

最後までお付き合いください

小室圭さん 眞子さまとの結婚延期

宮内庁は6日、昨年9月にご婚約が内定した秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと国際基督教大学(ICU)時代の同級生、小室圭さん(26)=横浜市=の結婚式を含めた一連の儀式の日程を延期すると発表した。

 

3月4日に予定されていた一般の結納にあたる「納采の儀」、11月4日に予定されていた結婚式など一連の儀式は、天皇陛下の譲位と皇太子さまのご即位関連儀式を終えた再来年になる見通しという。

 

宮内庁は6日、ご結婚の延期に関し、眞子さまが記された「お気持ち」を公表した。眞子さまは延期に至った理由について「秋の結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました」とつづられた。

産経ニュースより引用

 

小室さんの母親は金銭トラブルがあったと週刊誌が報じる

 『週刊女性』は昨年、眞子さまが今秋に結婚予定の小室圭さん(26)の母・佳代さんが元婚約者との間に400万円以上の借金トラブルがあることを報じた。

「佳代さんは、竹田さんと’07年ごろから付き合い始めて’10年に婚約しました。

お金の無心が始まったのは、’10年に圭さんが進学した国際基督教大学(ICU)の入学金からでした。

それからというもの、事あるたびに“今月厳しいからお金を都合してほしい”と生活費を要求してきたそうです。

ほかにも、圭さんが一時期通っていたアナウンススクールの授業料やアメリカ留学費用なども合わせ、貸した額は400万円を軽く超えてしまったのです」(友人、以下同)

’02年に夫・敏勝さんが他界してから、母ひとりで必死に圭さんを育ててきた佳代さん。

そんな中、佳代さんと交際を始めた竹田さんは、小室家の“父親代わり”として佳代さんの“家族トラブル”解決にも尽力していたという。

竹田さんは、佳代さんの弟さんと父・国光さんの仲を取り持ったことがあるのです。

 国光さんは、数年前まで神奈川県藤沢市のマンションに佳代さんの弟夫婦と一緒に暮らしていたのですが当時、飼っていた猫の飼い方などの些細なことでよく口論になっていたので、佳代さんに頼まれて仲裁役として話をまとめに行ったそうです

結局、その後も度重なる衝突により、国光さんだけが現在、佳代さんと圭さんが住む横浜市港北区のマンションに引っ越してきたという。

週刊女性より引用

 

小室圭さんの母親・佳代さんの顔画像

小室さんの母親である佳代さんの顔画像はコチラ。

似ていると言えば似てますが、父親似なのでしょうか?

 

父親の画像はコチラ

小室佳代さんは韓国人?

 

小室圭さんの母親は韓国人?というデマが広まっている。女性自身の引用をみても分かるように、国籍は日本であることがわかる。一体なぜこの様なデマ報道がされているのか。 小室さんの顔が韓国人ぽいからか?

 

「角田(旧姓)佳代ちゃんは転校生で、おばあちゃんとご両親と弟の5人家族でした。高校からは相模女子大学の附属に進学していたと思います。近所同士だったので、佳代ちゃんの家や私の家を行き来して遊んでいたこともあります」(佳代さんの同級生)

角田家が藤沢市に越してくる以前のことを、佳代さんの母・八十子さん(すでに他界)の同級生だった女性が明かしてくれた。

「八十子さんは高校時代に鎌倉市内のお寺の敷地内にあった3畳ひと間の借家に、家族3人で住み込んで下駄店を営んでいました。

そして、お寺からまた引っ越されて、八十子さんのお母さんがハウスキーパーをしていた横浜市内のとある会社の寮に、ご家族でしばらく生活されていたんです」

その後、八十子さんは圭さんも現在一緒に暮らしている祖父・角田国光さんと結婚し、’66年に佳代さんが誕生。

「’74年ごろに寮が取り壊されるなどの事情で“家がなくなるから困っている”との相談を受けたので、私が仲介して藤沢市内の平屋に引っ越されたんです」(八十子さんの同級生)

(女性自身引用)

小室圭さん 眞子さまとの婚約延期の理由は何?婚約破棄という最悪の可能性はあるのか

2018.02.06

最後までお読み頂きありがとうございます

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。