小池氏とツーショット 現金3万円 ATMに走る姿も ネット騒然

 

 

希望の小池代表は1日、公認候補予定者との写真撮影に応じた。

 選挙用ポスターやチラシに使用できるが、撮影料として3万円を「徴収」した。党のトップと候補予定者の撮影を有料とするのは異例だ。

 撮影会場では、現金を手にした候補予定者が列をなし、順番に小池氏と握手するなどのポーズで写真に納まった。中には現金を忘れ、慌てて近くの現金自動預け払い機(ATM)へと走る姿もあった。

 希望は、立候補に必要な供託金など計600万円以上の負担も候補予定者に求めている。予定者からは「そんなに資金に困っているのか」との声も漏れた。

出典:読売新聞様

また面白いニュースがやってきました。

読売新聞によると、公認候補予定者との写真撮影に応じ、選挙用ポスターやチラシに使用するための撮影料として3万円の徴収(お布施)を行ったとの事笑

一緒に戦う同志にこんな扱いをする党が、市民国民を大事にしてくれるとはとても思えない笑

ネット上では裏で秋元康氏が絡んでるのでは?

握手会、サイン会も今後行われるのでは?と騒然だ。

 

 

 

結局、小池氏にお墨付きをもらうには入党料300万円、寄付200万円、小選挙区供託料300万円、比例300万円 の合計1103万円を用意しなけれならないことか。これって国会議員職を金で買うこと?

前原氏の急ぎ過ぎた行動により野党陣営バラバラである、こんな状態で政権が獲れるのか?

都政で結果も出しておらず中途半端な事を行い都民、政権を混乱させた矢先に2ショット3万円ニュース。

今後の動向に注目である。

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年4月は月間810,000PV達成しました。