キンプリ 高橋海人に文春砲…熱愛,未成年飲酒!?「ツアー中にやめて」ファンの悲痛な声

キンプリことKING&PRINCEの人気メンバー高橋海人さんに文春砲炸裂か?!とネットがざわついてます。 ことの発端は文春のTwitterでの予告でした…

現在ツアー真っ最中のキンプリですが、ここで山口達也さんや小山慶一郎さんのように未成年飲酒となれば、最悪な事態も有り得ますよね… 検証していきましょう!!

 

最後までお付き合いください

 

キンプリ 高橋海人に文春砲炸裂か?!

ことの発端は文春が放った、こちらのTweetです。

文春と言えば、乃木坂のスクープのときもそうでしたが、

分かりやすいヒントを出してくれる週刊誌です。笑

 

既にネット民たちは、この画像が

キンプリであること。

 

そして、そのメンバーの名前は

高橋海人(たかはし かいと)さんではないか?

と噂されております。

 

 

高橋海人さん プロフィール

《本名》
髙橋海人(たかはしかいと)

《生年月日》
1999年4月3日

《出身》
神奈川県

《血液型》
A型

《身長》
173.5cm

《元グループ》
Prince

《メンバーカラー》
ひまわりイエロー

 

現在絶賛ツアー中

ネット上の声は

 

文春報道 やはり高橋海人だった

 

8月19日に大阪城ホールで行われたコンサートの後、東京に戻ったキンプリ。100人以上の追っかけファンを引き連れ、移動するメンバーの中に、髙橋海人(19)の姿があった。髙橋はファンをかき分け、事務所の送迎車に乗り込むと、その場を後にした。

 

 髙橋以外のキンプリメンバーを家まで送り届けた後、車が向かった先は、元AKB48の大和田南那(18)の自宅マンションだった。髙橋はマンションから少し離れた裏路地で車を降り、裏口へ向かう。周囲を見回し警戒しながら、合鍵を使って大和田の待つマンション内へと消えていったのだった。

大和田さんとの出会いは知人の紹介

 

そんな髙橋と大和田の出会いは友人の紹介だったという。

 

「2年以上前に、友人を介して連絡先交換したのが始まりです。最初はLINEのやりとりから始まり、それが結構長く続いていたみたいですね」(芸能プロ関係者)

 

友達の期間が長く、大和田は関係に疑問を抱いていたという。

 

「2人はご飯に行くようになって距離が縮まりましたが、半年以上、お互い好きだと分かりつつも、煮え切らない関係が続いていました。そんな関係に大和田が疑問を抱いていた矢先に、髙橋から告白されたといいます。告白の言葉は普通だったとか。そこから交際がスタートした。それが今年はじめの出来事だったそうです。

 

それ以降、自分の話をするのが好きな大和田は、交際の事実を周囲によく話していました。本人は言いふらしているつもりはないようですが、知っている人は多いと思います」(同前)

 

交際が始まってから外に出かけたことがないという2人は、大和田の自宅で過ごすことがほとんど。大和田は髙橋に合鍵も渡していた。髙橋の誕生日にはケーキやプレゼントなどを贈ったりして、周りの目にも微笑ましいカップルに映っていた。

 

「髙橋の誕生日には自宅をバルーンなどで装飾し、GUCCIのサングラスをプレゼントしていました。ケーキには自分の名前を入れていたそうです。逆に、髙橋からはピアスを貰っていました。2人とも相手に尽くすのが好きみたいで、プレゼントなどは気合いを入れているようです。

 

ただ、お互い束縛も激しく、異性と遊ぶのはもちろん禁止で、ケータイの連絡先を消し合ったりしているようです。『同性の友人と遊ぶのもよく思われない』と話していました。

 

『依存してしまうようになるから、束縛はよくない』というのもお互い自覚はしているみたいなんですが、『それでも止められない』と話していました」(同前) 髙橋は寸暇を惜しむようにして大和田の家を訪れている。多い時は4日連続で行くこともあったという。

 

生放送や歌番組収録終わりにそのまま向かうことが多いと話していました。また大和田も、髙橋のことがとにかく大好きだとノロケることもありました。

 

『かいちゃんが~』と話が始まると止まらない。

 

また2人の会話の中には『結婚』という言葉もよく出てくるようで、大和田は『結婚したいけど、相手がジャニーズだからできない』と悩んでいました。キンプリがデビューしてからは、大和田は髙橋から『ちゃんと(付き合っていることを)隠してくれ』と注意されたようで、一部の友人たちには髙橋のために“別れた”と話していたみたいです」(同前)

 

合鍵を持つ2人は、周囲から見ても順調に交際を進めていたようだ。

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。