キムデハンのグラブ踏みつけ動画コチラ!!ラフプレー大国に非難殺到

5日に行われたU-18アジア選手権の1次リーグでの韓国戦で事件は起きました。 韓国選手がタッチした三塁手の中島卓也選手(大阪桐蔭)のグラブを踏み付け、謝罪しないままベンチに戻っていきました。

動画を確認しましたが、完全にアウトなのを分かってたはずなのにも関わらず、グラブを数秒間踏み付け、謝罪せずに帰っていってます。 韓国と言えばラフプレー大国で話題ですが、まさか高校生もこんな感じだとは思いませんでした。 検証していきましょう!

 

最後までどうぞお付き合いください

 

キムデハン 大阪桐蔭の中島卓也選手のグラブを踏みつける

5日に宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われた野球の18歳以下によるU18アジア選手権1次リーグの日本-韓国戦で、韓国選手がタッチした日本選手の手をグラブごと踏みつけるラフプレーがあり、ネット上で批判の声が上がっている。

 

日本は1-3とリードされた九回の守備で、二死二塁からの韓国の三盗を阻止した。完全にアウトのタイミングで、三塁手の中川卓也選手(大阪桐蔭)はグラブをベースの前に置く形でタッチしようとしたが、この際、二走のキム・デハン選手がスライディングした足でグラブを踏みつけた。

キム選手が謝罪せずに去ったため、中川選手は声を上げて怒りをあらわにした。

ツイッターではキム選手について「野球選手としてどうかと思う」「フェアプレー精神がない」といった意見が相次いでいる。

 

キムデハンのグラブ踏み付け動画はコチラ

 

ネット上の声は

  • 怪我をしなくてよかった。もっと中だったら骨折する可能性もあった。

 

  • 韓国選手は 危うくば怪我をさせようと狙っているので
    勝ち負けの前に怪我をしなくて 本当に良かった。

 

  • しかも、自分は悪くないみたいな態度をしていた。日本チームはもっと抗議して良いと思う。ま、韓国にフェアプレーを期待するだけ無理だけど。

 

  • 韓国のプレーや考え方に問題が有るのは、以前から判っている事である。昨日は惜しくも敗れたが、決勝ラウンドで勝てば良いだけである。必ずリベンジして貰いたい。

 

  • そういう選手だということを球界関係者が熟知し、日本、メジャーではどんなに能力が上がっても敬遠されるような空気になればこれ幸い。

 

  • キャプテンが怒るのも分かる
    かつてイチローが野球は喧嘩ではないんですけど…と言葉を残したことがありましたね
    本当に人としてどうなのかと

 

  • いや、正確に言うとあれは違う。
    そりゃスライディングすればたまたまグラブに足がいくことがあるかもしれない。
    けど、昨日のバカはグラブにいったあと5秒くらい踏んだままだった。しかも謝らずにニヤニヤしながら去ったので中川が怒った。あの中川が怒るんだから相当。
    試合は惜敗したけど、人間性ではコールド勝ちですな。

 

  • 中川選手。本当に怒りが収まらないとは思いますが、
    韓国人にフェアプレー精神を説く=馬の耳に念仏  です。
    もう相手にせず、これからの活躍、お祈りしています。

 

  • 甲子園での高校野球に感動した直後なので、なおさら、相手に対する尊厳を感じることができないプレイには嫌悪感を感じます。いくら良いプレイをしたとしても、中身が伴わないと応援しようという気にはなれません。将来のある日本の選手の子達が怪我をしませんように。

 

  • ■フェアプレーとは1.ルールを正確に理解し、守る
    フェアプレーの基本はルールをしっかりと知った上で、それを守ろうと努力することである。2.ルールの精神:安全・公平・喜び
    ルールは、自分も他人もけがをしないで安全にプレーできること、両チーム、選手に公平であること、みんなが楽しくプレーできることを意図して作られているのである。3.レフェリーに敬意を払う
    審判は両チームがルールに従って公平に競技ができるために頼んだ人である。人間である以上ミスもするだろうが、最終判断を任せた人なのだから、審判を信頼し、その判断を尊重しなければならない。4.相手に敬意を払う
    相手チームの選手は「敵」ではない。サッカーを楽しむ大切な「仲間」である。仲間にけがをさせるようなプレーは絶対にしてはならないことである。

    朝鮮人は以上の全ての意味を理解できず 未来永劫それを期待するのは無理である。

U-18 今後の試合予定はコチラ

今後の試合予定ですが、

 

本日7日金曜日に

台湾VS日本

 

明日8日 土曜日に

日本VS中国

 

アベマTVで無料視聴可能

 

こちらから無料で視聴できます

 

決勝は9日の日曜 17時50分からの放送です。

 

宿敵韓国との決勝で見事制し、優勝を目指して欲しいです!

もちろんフェアプレーでの再試合を希望です。

 

最後までお読み頂きありがとうございます

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。