関学対日大戦の審判(レフェリー)は誰? 日大とグルで反則黙認か?

関学VS日大戦での悪質な反則問題が世間を賑わせておりますが、なぜ3回もの悪質なプレーをレフェリーが見ていたのにもかかわらず、退場にしなかったのでしょうか?

日大とレフェリーが裏で繋がっていて、内田監督の反則を黙認したのではないでしょうか?

 

検証していきます、最後までお付き合いください

 

内田監督「1プレー目で壊してこい」

 

アメリカンフットボールの悪質な反則の問題で、反則をした日本大学の選手に対し、試合前にコーチが「やらないというのは無いからな」などと監督が指示した反則行為を念押ししていた、と日大の関係者が証言しました。

 

この問題は今月6日、アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で日大の守備選手が悪質な反則行為をしたものです。

 

日大の内田監督が反則をした守備選手に試合前日、「1プレー目で壊して来い」などと指示していたという証言が既に出ていますが、この指示の後、試合当日にコーチが、「やらないというのは無いからな」などと指示を後押ししていた、と日大の関係者が取材に対し、新たに証言しました。同様の証言は、日大アメフト部の元部員からも出ています。

 

なぜレフェリーは1回目で退場させなかったのか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。