一木皓太 陸上自衛隊員を逮捕!!犯人の画像は? 12歳のJCとみだらな行為

陸上自衛隊員・陸士長 一木皓太容疑者(21)が女子中学生(12)とみだらな行為をして逮捕されました。

一木容疑者とは一体どんな人物なのか?Facebook、Instagram、Twitterなどはやっているのか?検証していきます。

 

一木皓太容疑者とは一体なにものなのか?

 

今回の事件は陸上自衛隊豊川駐屯地に勤務していた一木皓太(21)が逮捕された。

 

警察によると一木容疑者は昨年12月に名古屋市内のホテルで

当時12歳の女子中学生に対し、18歳未満と知りながらわいせつな行為を行った。

 

調べに対し、2万円を渡す約束をしてみだらな行為をしたと話しており、容疑を認めている。

 

一木容疑者はスマホアプリを通して女子中学生と知り合ったとのこと。

 

調べに対し、一木容疑者は「若い女性と性行為がしたかった」と容疑を認めている。

 

なぜ発覚したかというと、警察が家出中の女子生徒を補導し、事情を聞く中で犯行が発覚したとのこと。

 

問題となった陸上自衛隊豊川駐屯地はここです。

 

所在地: 〒442-0061 愛知県豊川市穂ノ原1−1
電話: 0533-86-3151

 

 

一木容疑者の階級 陸士長とはなに?

 

自衛隊では全ての隊員が階級を持って勤務しております。

 

大きく分けて士、曹、尉、佐の4つがあります。

 

今回逮捕された一木容疑者は陸士長です。

 

陸士長までの階級は特に昇進試験等も無く、自動的に上がっていくようになっております。

 

陸士長までの流れは

入隊→自衛隊候補生→二等兵士→一等陸士→陸士長

となります。

 

遅い人でも約1年9ヶ月で皆陸士長になるそうです。

イメージとしては新米の自衛隊員のお兄さん的な立場かと思います。

 

一木容疑者は21歳ということもあり、高校を卒業されて自衛隊に入隊したのではないでしょうか?

日本の自衛隊は比較的いいイメージがあっただけに非常に残念です。

 

体力が有り余って、発散させたい気持ちは分かりますが今回のように

未成年と分かっていながらのわいせつな行為はダメです。

 

 

 

前述しましたが、もちろん日本の法律で18歳未満の知りながらの

わいせつな行為は犯罪で逮捕されます。

 

相手側が例え同意していてもです。

 

今回のニュースも女子中学生が被害者!!の様な書き方をしておりますが

ホテルまで行き2万円を受け取っております。

 

その後か詳細は分かりかねますが、警察の補導(家出)で今回の事件が発覚致しました。

家出をした理由は本人ではないので憶測ですが、学校や人間関係に嫌気がさしたのか?

学校でいじめられたのか?少女はきっと悩んでいて深い闇を抱えていたはず。

 

そんな中SNS上で知り合った一木容疑者に惹かれて合ってしまったのでしょうか?

12歳はまだまだ子どもで正しい判断も持っていないかと思います。

 

 

相手側に罰則はないのか?

 

日本には「売春防止法」という法律があります。

売春をしたり、その客となってはいけないという法律です。

 

ところが、単に売春をしたり、その客となっただけでは処罰はありません。

 

売春する人は「保護の対象」

「売春防止法は第3条で『何人も、売春をし、またはその相手方となってはならない』と規定しています。売春をすることや、その相手方となることは、社会道徳上好ましくないばかりでなく、法律上も違法な行為であることを明確にしていると言えます。

ただし、これは罰則を伴わない『訓示規定』です。訓示規定とは、もっぱら裁判所または行政庁に対する命令の性質をもち、これに反しても、その行為の法的効力に影響がないとされる規定のことです」

 

売春法が成立したのは1956年と終戦後の混乱の日本から抜け出し、高度経済成長期が始まったころです。

売春する女性を救済対象とする考えがあった為処罰にはならないみたいです。

 

しかし、18歳未満は違います。

売春相手が18歳未満の青少年だった場合、買った側は児童買春・児童ポルノ禁止法で厳しく処罰されます。

今回の事件のような満13歳に満たない女子だった場合、たとえ同意があり、暴行や脅迫がなくても強姦罪となります。

お金を渡していなくても罰せられます。

 

強姦罪になると刑法177条、3年以上の有期懲役となります。

 

 

まとめ

 

日本を守る自衛隊員がこのようなニュースで名が出るのは残念です。

元気なのは良いことですが、健全な方法で処理しましょう。。