井本光巡査部長 顔画像公開 大西容疑者と直前まで食事をしていた…

【新事実】

滋賀県彦根市の交番で警察官が射殺され同僚の19歳の巡査が逮捕された事件で、2人が事件の直前まで交番の中で一緒に夕食を取っていたことが新たに分かりました。

知れば知るほど大西容疑者の人間性に問題がある気がしてきました…

 

最後までお付き合いください

井本光巡査部長 直前まで一緒に食事をしていた

滋賀県彦根市の交番で警察官が射殺され同僚の19歳の巡査が逮捕された事件で、2人が事件の直前まで交番の中で一緒に夕食を取っていたことが新たに分かりました。

11日夜、彦根市の交番で井本光巡査部長(41)が後ろから拳銃で撃たれて死亡し、同僚の巡査の男(19)が逮捕されました。

その後の警察への取材で、事件当日の午後5時すぎ、井本さんと巡査は市民からの通報を受けて事案処理のために出動していたことが新たに分かりました。

その現場で2人にトラブルは確認されていないということです。

また、午後7時15分に交番へ戻った2人が、横に並んで座り夕食の弁当を食べる姿が交番の防犯カメラに映っていたということです。

事件はそれからわずか30分以内に起きていて警察はその間にトラブルがなかったか捜査しています。

カンテレより引用

 

井本光巡査部長の顔画像はコチラです

 

ネット上の声は

 

  • ますます、不可解 !パワハラが原因だったなんて関係無いと思う。この加害者の人間性の問題だろう!

 

  • 普通は毛嫌いしてたら並んで座ってご飯なんて食べないと思う
    二人が残念

 

  • 頭→からの二発目?

    そこらの鉄砲玉よりすごいやん。

 

  • サイコパスでもいいけど、防犯カメラ知ってて50万ぽっちの金持って逃げて計画的といえる?
    やっぱり二人の間で何かきっかけがあったとしか思えない。
    パワハラは言い過ぎだと思うけど。

 

  • 何が原因で有ろうが、許されない行為。被害者の警察官が亡くなり、加害者の言い分だけでは信憑性がない。いくら19歳でも警察官として拳銃の怖さは知ってるはず、突発的かも知れないがそんな事理由なんかならない。これは国民の信頼を裏切る行為、少年法では断固許さない。前代未聞だ!

 

  • 例えトラブルやパワハラがあったとしても、殺人を犯す理由にはならない。
    私の始めての先輩は、私が大卒という理由で、勤務中は口をきいてもらえず、話しかけたり、仕事を覚えようとしたら警棒で殴る人で、頭を殴られた時は病院送りにもなり、2年間一緒に勤務したが、覚えたのは交番の掃除と先輩の靴磨きや食事の用意などの雑用だけだった。
    いづれ何とかなると、殴られながら我慢の毎日だった。
    2年経ち先輩と離れる時、「神経図太いな、お前ならどこにいってもやっていける」と言われ、褒められたのか、けなされたのか、分からないが反面教師として、今後に活かそうと思い先輩を恨む気持ちはなかった。

 

  • 並んで一緒に弁当を食べた30分後に射殺するって、わけがわからない。

 

  • 実際に何と言われたのか一字一句公開するべきだ

    聞いた人100人中100人とも「ああ、それじゃ仕方ないな
    そんな事言われたら撃ち殺すのも無理ないわ」
    と思えるようなひどい事言われたのなら同情してもらえるよ

    まあ、全くその逆で「え、その程度のことで?」
    と思われる可能性の方が高いだろうけど…

 

発砲した警官はコチラ

大西智博 顔画像特定 犯行動機はパワハラが原因か? 警察官発砲殺人事件の真相とは

2018.04.12

 

犯行動機は一体何か・・・

大西智博の犯行動機は何なのか?5回の勤務で発砲するほどのパワハラを受けたのか?

2018.04.15

 

最後までお読み頂きありがとうございます

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年2月は月間770,000PV達成しました。