乃木坂46の生田絵梨花 | 写真集『インターミッション』で純白のランジェリー姿を初披露!

記事のポイント

乃木坂46のメンバー生田絵梨花さんの2冊目となる写真集『インターミッション』が22日に発売されます。その中の純白のランジェリーをまとったカットが先行公開され話題となっています。

生田 絵梨花(いくた えりか)
年齢:21歳
生年月日:1997年1月22日
星座:みずがめ座
血液型:A型
身長:160cm
体重:不明
3サイズ:不明
出生地:ドイツ・デュッセルドルフ
出身地:東京都

 

 

セカンド写真集 『インターミッション』(1月22日発売)

 

ファースト写真集 『転調』(2016年1月21日)

 

ソース記事はコチラ

生田絵梨花“純白ランジェリー”で女性も憧れる抜群スタイル披露

1/20(日) 17:00配信

初版部数が20万部、さらに発売前に2万部の重版で話題となっている乃木坂46生田絵梨花(21)の2nd写真集『インターミッション』(22日発売・講談社)から、純白のランジェリーをまとったカットが先行公開された。

【写真全体】女性も憧れる生田絵梨花の抜群スタイル

このカットはニューヨークのアパートの一室で撮影された一枚。大胆に肌を見せた生田がベッドの上で髪をかきあげた瞬間をとらえており、生田の抜群のスタイルがヘルシーな雰囲気で表現されている。

これまでに先行公開されたカットには、同性からも「細いのにメリハリのあるスタイルがすごい」「女性らしいラインがステキ」と羨望の声が寄せられている生田。乃木坂46メンバーは女性からの支持も高く、多くのファッション誌にもモデルとして起用されているが、生田も1月30日発売の『anan』で初ソロ表紙に抜てき。表紙では美しいくびれと腹筋を披露し、新しい魅力を開拓し活躍の幅を拡大している。

本作はミュージカル女優でもある生田の希望も反映され、昨年9月にミュージカルの本場といえるニューヨークで撮影を敢行。生田は写真集の撮影を振り返り「ここまでの表現をするのは、本当に初めてなので、みなさんがどういう反応をするのか、ちょっぴりドキドキしていますが、とても素敵な作品になったと思うので、楽しみにしていてください!」とコメントした。

今年110周年を迎える出版元の講談社の歴史において、女性ソロ写真集として史上最多となる22万部でスタートすることが決定。公式ツイッター【@erika_newyork】ではオフショットやメンバーが写真集を見ている動画などを公開し、早くも2019年を代表する作品となりそうだ。

オリコン

ネットの声

  • 彼女がデビューした当初は、ランジェリー姿はおろか、水着姿を披露することすら考えられななかったから意外すぎる。
  • 綺麗になったなー。生ちゃんの写真集売れたらいいな!
  • 今が売り込み時なのでしょうね。13歳で乃木坂に加入してから活動は、すべてが順調だったわけではなく、色んな出来事を乗り越えてきた過程が、今に繋がっていて、進むべき道の先に、一筋の光と卒業というものが見えてきたのかもしれません。乃木坂も、昨夜のテレビ番組から4期生が登場して、グループ内の競争が激しくなってきたことも、歩みを早くさせる一因になるかもしれません。
  • この人は美人で可憐で、スタイルも良いんだ。
    ただ、この人は、下着になる必要なかったと思う…。知的で上品なところが、秋元グループの他のメンバーと違うところだっ他のに、他の人達と同じような売り方しなくても…
    この人の強みである 品の良さ や 音楽などで、勝負してほしい。
  • 写真集予約済みです。届くのが楽しみ。
    可愛くて、笑顔が素敵で、才能があって、でもそれを、もっと伸ばそうと努力する姿が大好きです。まだまだ伸び代を感じています。
    活躍してる姿を見る度自分ももう少し頑張ろうと思わせてくれる子。

さいごに

Mr.X
生田絵梨花さんと言えば、持ち前の音楽の才能を活かしミュージカルなどでも活躍されています。清楚で飾らない可愛らしいキャラクターで多くのファンの支持を受けています。天然の部分もある生田さんですが、今回のセカンド写真集では美しい下着姿を披露しています。そのスタイルの良さには驚くファンも多いのではないでしょうか。今までの生田さんの可愛いイメージとのギャップが強烈な印象を残しています。生田さんらしい、品のある写真集となっています。

最後までお付き合いありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。