星野仙一 死因は膵臓がん 激やせ画像あり 坂本冬美との間に子どもが

【訃報・激ヤセ画像あり】

名監督の星野仙一さん(70)が4日になくなっていることがわかった。

死因は明らかになってはいないが周囲にはガンで闘病していた。と答えていたそうです。

一体何のガンなのか?そして、いつから闘病していたのか。

先日行われた「野球殿堂入りを祝う会」での激ヤセ画像もありましたので検証していきます。

 

最後までお付き合い下さい

 

 

星野仙一氏 突然すぎる訃報 死因は?

楽天の星野仙一球団副会長が4日に亡くなったことが分かった。

70歳だった。死因は明らかになっていない。現役時代は中日のエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任。

計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には自身初の日本一に輝いた。

17年に野球殿堂入り。「燃える男」、「闘将」と呼ばれ、巨人を倒すために野球人生をささげてきた男がこの世を去った。

突然の訃報だった。星野氏が息をひきとったのは4日。

球界関係者によると「がんで闘病していた」という。昨年末に体調が悪化し、年末年始を家族とハワイで過ごす予定だったが急きょ取りやめていた。

昨年11月28日に東京で、12月1日には大阪で「野球殿堂入りを祝う会」に出席。

2000人を超えるプロ、アマの球界関係者が集まり「これだけの人が来てくれて野球をやってて良かった。野球と恋愛して良かった。

もっともっと恋したい」と失われない野球への情熱を口にした。

しかし、これが、最後の晴れ舞台となった。

スポニチより引用

私自身も驚いております。

闘病されていたとは知らなかったです・・・

突然の訃報に球団関係者だけではなく日本全体が悲しみに包まれているかと思います。

人情に厚い、熱い!監督との印象でした。

まだ70歳と若く、これから迎える2020年の東京オリンピックでの野球ももちろん楽しみにしていたことを思うと無念でたまりませんね。

 

野球殿堂入りを祝う会での激やせ画像

 

#星野仙一 #星野仙一殿堂入り

Kaz Nishitaniさん(@opalkaz)がシェアした投稿 –

写真は昨年12月1日に行われた

野球殿堂入りを祝う会で撮影されたものです。

王貞治会長や金本知憲監督や政財界、芸能界などから約950名が集まった会です。

 

その中で星野仙一さんは「12月に入り、本当にお忙しい中、大勢集まって頂き、ありがとうございます。王先輩までいらっしゃってくれまして、本当に感謝しています」とあいさつ。

 

王会長は「闘志が外に出るタイプの投手。色んな投手と戦いましたが、3本の指に入る強烈な印象をもたらしてくれたのが星野さんでした」と、ライバル関係を懐かしんだそうです。

 

巨人の終身名誉監督でもある長嶋氏は「仙ちゃんは本当に闘志満々でぶつかってきた。真っすぐで男らしい戦いをやっていた。監督としても、自分が出て、自分が勝つんだという野球をしていたのが仙ちゃんでした」と最大級の賛辞を送っていた。

 

まさか、この1ヶ月後に戦友の死は考えてもいなかったはずです。

 

 

坂本冬美が星野仙一の子どもを産んだ?

ネット上で検索すると、出てくるのがこちらのワード。

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年4月は月間810,000PV達成しました。