廣瀬晃一を殺人死体遺棄で逮捕!女子大生不明事件は援助交際か?

記事のポイント

東京・葛飾区の女子大生、菊池捺未さんが行方不明になった事件。で3広瀬晃一容疑者(35)が殺人及び死体遺棄の疑いで1日に逮捕された。広瀬容疑者は、殺害して死体を埋めたことを認めている。

しかし、この事件を単なる殺人事件とするには説明しがたい、いくつかの疑問点があった。

事件当日の被害者の足取り

①11月20日 足立区の綾瀬駅から電車で茨城県の鹿島神宮駅へ

②午後6時 コンビニでタクシーを降りる

➂別のコンビニへ移動し、廣瀬容疑者と落ち合う

➃目隠しをして、廣瀬容疑者の車で300m離れた容疑者のアパートへ移動

    • 菊池さんは廣瀬から事前に、会うことの対価として一定金額の提示を受けていた。
      ※対価は十数万円~30万円
    • 彼女はお金を受けとれると見込んで、片道の交通費しか持たずに神栖まできた。
    • “約束”通り部屋で2人きりですごしたにもかかわらず、お金は受けとれなかった。

⑤午後7時 目隠しをせずに、廣瀬容疑者の車で数km離れた畑に移動、置き去りにされる

⑥抗議のため、廣瀬容疑者のアパートまで徒歩で戻る

  • 結局、お金を払わなかったのか、金額が少なかったかでもめた。
  • 怒った菊池さんが、(廣瀬の)写真を撮って“SNSで拡散してやる”と言って騒いだ。

⑦廣瀬容疑者の車に乗車

⑧31日 茨城県神栖市の空き地で遺体発見

ソース記事はコチラ

茨城女子大生殺人事件 新聞テレビが報じない廣瀬容疑者と被害者の間の“30万円トラブル”

2/5(火) 17:00配信

昨年から音信不通になっていた菊池捺未さんの遺体が、茨城県神栖市の空き地から見つかったのは1月31日のことだった。警視庁は死体遺棄容疑で廣瀬晃一容疑者を逮捕。マスコミ各社はこぞって事件を報じている。が、そこには新聞もテレビも報じない“闇”があった。

【写真】事件の舞台となったアパート

音信が途絶えた昨年11月20日、菊池さんは東京・足立区の綾瀬駅から電車を乗り継ぎ、JR鹿島線の鹿島神宮駅を訪れている。そこからタクシーに乗り、午後6時ごろ、コンビニで降車。別のコンビニに移動し廣瀬容疑者と落ち合うと、目隠しをつけて400メートルほど離れた容疑者のアパートへ乗用車で向かっている。

「7時ごろ、菊池さんはまた廣瀬のクルマに乗せられて、今度は目隠しなしに数キロ離れた畑まで連れていかれ、そこで置き去りにされてしまいます。ところが彼女は、そこから廣瀬のアパートまで歩いて戻ってきているんです」(捜査関係者)

 その際、近所の住民に“記憶を頼りにここまで戻ってきたけど、アパートの場所がわかりません”と相談してもいた。こうして廣瀬容疑者宅に戻った菊池さんだったが、再びクルマに乗り込んだ後の位置情報は、遺体発見現場で途切れたままになっていた。

 菊池さんと廣瀬容疑者は、海外の通信アプリを通じて知り合ったという。

「菊池さんは廣瀬から事前に、会うことの対価として一定金額の提示を受けていたようです。彼女はお金を受けとれると見込んで、片道の交通費しか持たずに神栖まできた」(同)

ところが“約束”通り部屋で2人きりですごしたにもかかわらず、お金は受けとれなかったうえ、体よく畑でクルマから降ろされてしまった。アパートへ戻ったのは、その“抗議”のためだったとされる。

「結局、お金を払わなかったのか、金額が少なかったかでもめた。怒った菊池さんが、(廣瀬の)写真を撮って“SNSで拡散してやる”と言って騒ぎはじめ……」(同)

そして悲劇は起こった。廣瀬容疑者が菊池さんに提示していた金額は、十数万円だったとも、あるいは30万円だったともいわれる。

2月6日発売の週刊新潮で、事件について詳しく報じる。

週刊新潮」2019年2月14日号 掲載

デイリー新潮

ネットの声

  • これが事実なら女性の側にも問題はある。30万欲しさに命の代償は高すぎたと思う。
  • ネトゲの事はよくわからないが、最近話題にあがるパパ活ってやつ?今後こういう事件が増えそうだね。知らないやつ、しかも、異性と安易に会わない方がいいね。今回は安易が招いた事件だね。もちろん加害者の落武者が断然悪いんだけどさ。
  • 「え、まさか」という記事でなくて、たやすく想像できる、十二分にありうる話ですね。こういう危険もあるのを周知するのは大事ですね。
  • 新聞やテレビが報じなくても、多くの人はそういう想像したでしょ、ああそういうことかと。
  • この話が、本当なら見ず知らずの人にお金を貰おうとしたこの人に同情できない。携帯で知り合う事自体が危険だと警戒しないといけない。お金が欲しいならアルバイトすれば良い。安易に考えてはいけない。
  • 殺人は絶対に許されない犯罪ではあるものの、女性の行動にも問題があったと思う。
  • 自業自得だね。親に頂いた大事な身体を犠牲にして浅はかな考えでお金を得ようとした結果です。犠牲は大き過ぎたね。

さいごに

 

Mr.X

事件は、当社の報道では、女子大生を中年の冴えないキモいオヤジが拉致、殺害、死体遺棄した内容でしたが、詳細が明かされるに従い、徐々に疑問が浮かび上がりました。結果、金銭のサポート目的でのデート商法や援助交際であったことが判明しました。普通の感覚では、金銭目的でネット上で知り合った、初対面の相手の男の部屋に行くこと自体が危険なのは言うまでもないでしょう。しかも、目隠しをして相手に身を任せるなんて信じがたい行為です。これらから、被害者はサポート目的でこのような行為を以前にも行っていたのではないかと推察されます。

もちろん、廣瀬容疑者の犯した犯罪は、身勝手に人の命を奪った非道な行為であり、当然ながら重い刑が課されるべきであると思います。しかし、『ネットの声』にも多くありますが、被害者の軽率な行動にも問題があったことは事実です。

私にも同年代の娘がいますが、「まだ若いが故に経験不足で、世の中の危険を知らない」ことが心配です。一人でも若い女性が、この事件を教訓にして頂き、危険に近づくと自分の命さえも落としかねないことを理解して欲しいものです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。