平尾龍磨 在日韓国人で本名は朴龍義 過去にも窃盗で逮捕歴アリ

【平尾龍磨容疑者は在日韓国人だった】

平尾龍磨容疑者のリアル逃走中から早8日が経過しようとしている。 以前行方が分からないが、既に島外に何かしらの方法で脱出したのでは?とも囁かれている。

そんな中、平尾龍磨容疑者が在日韓国人であることが判明した。 本名は朴龍義だ。

現在までに分かっている情報などをまとめていきます。

 

最後までお付き合いください

平尾龍磨 在日韓国人で本名は朴龍義 過去にも窃盗で逮捕歴アリ

平尾龍磨容疑者ですが、以前にも逮捕歴がありました。

事件の容疑は窃盗との事です。事件の詳細はコチラ

閉店中の理容店に侵入、レジや引き出しから現金を盗む手口の窃盗犯が福岡で逮捕された。

同様の手口とみられる犯行が九州で10件あまり発生している。

福岡県警折尾署は2013年7月30日までに、閉店中の理容店から金品を盗んだ窃盗容疑で、2人を逮捕した。

住所不定、無職太田一樹容疑者[曺喜燮](23)と平尾龍磨容疑者 [朴龍義](22)

折尾署によると、福岡、佐賀、熊本の3県で同種事件が10件余り発生しているという。

窃盗容疑の2人は4月頃から犯行を重ねていると話しており、福岡、佐賀、熊本の3県の県警が裏付け捜査をしている。2人は高校の同級生という。

恐怖の刑務所からの脱出…

平尾龍磨が逃走した理由は?大井造船作業場は恐怖の刑務所だった…

2018.04.11

 

平尾龍磨容疑者の逮捕になぜ時間がかかっているのか?

指名手配された平尾龍磨容疑者(27)が潜伏しているとみられる広島県尾道市の向島(むかいしま)では、広島、愛媛両県警と中国管区機動隊が延べ5000人の捜査員を投入しているが、現在も行方は分かっていない。

手入れが行き届いていない山間部の果樹園や空き家が多いという島特有の事情が捜索の障害となっている。

向島は、東西約6キロ、南北約5.5キロ、面積約22平方キロで、人口は約2万2000人。

もともと平地が少ない地形の上、農業者が減って放置された果樹園も多く、ヘリコプターからも見通しがききにくい。また島外に移り住んだ人の家など1000軒以上の空き家が点在。

捜索には所有者や管理者の許可が必要で連絡が取れない場合は「外観に目立った異常がないか、目視で済まさざるを得ない」(捜査幹部)という。

 

泳いで渡った可能性はあるのか?

島から対岸までは最も狭い場所で約200メートルと泳いで渡れそうにみえるが、市向島支所は「フェリーでさえ航路がずれるほど流れが速く考えられない」と否定する。

島内では現在、ミカンなどのかんきつ類が収穫期を迎えており、ある住民は「食べ物は手に入りやすいのでは」と話す。

もしかすると、泳いで渡ろうとし、既に流されてしまい行方不明の可能性もある。

もし、このまま見つからないとなると人件費だけが無駄になってしまい、通常業務にも支障をきたす可能性がある。

かと言って打ち切りにするのは世間からの反発もあるので難しい…

 

となると、身代わりとなる人物を発見するのでは・・・?

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。