平尾龍磨が逃走した理由は?大井造船作業場は恐怖の刑務所だった…

【リアル逃走中】

現在広島県尾道市の向島でリアル逃走中を繰り広げている平尾龍磨容疑者(27)。

平尾龍磨容疑者が大井造船作業場から逃走した理由は何なのか?

実は”恐怖の刑務所”と言われている場所だった・・・

 

平尾龍磨容疑者が逃走した理由はなにか?

窃盗罪などで服役していた松山刑務所大井造船作業場(愛媛県今治市)から逃げたとして、逃走容疑で指名手配された受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が、別の受刑者と物をやりとりしたり、悪ふざけをしたりしたとして、3月と4月に刑務官から注意を受けていたことが10日、関係者への取材で分かった。逃走の一因になった可能性もある。

愛媛、広島両県警は、平尾容疑者が、盗難車などが見つかった広島県尾道市・向島に潜伏しているとみて山林を中心に捜索を続けており、動機についても調べる。

一方、広島県警は10日、平尾容疑者が逃走した8日以降、向島で窃盗被害6件が確認されたと明らかにした。

西日本新聞より引用

 

松山刑務所大井造船作業場は軍隊よりも厳しい刑務所だった・・・

開設は1961年というから歴史は古い。「再建王」の異名のあった実業家、故・坪内寿夫(1914~99)が、自身の所有していた造船所(現在は「新来島どっく大西工場」)内に、松山刑務所と協力して日本で唯一「塀のない刑務所」を作ったことが原点だ。

受刑者は寮で生活し、造船所で働く作業員と共に汗を流す。寮の窓に鉄格子さえ存在せず、鍵もかかっていない。法務省の資料には、

・受刑者自身の責任と自立的な行動によって規律の尊守を確保する
・可能な限り一般社会生活に近似した環境において社会復帰のための有効な処遇を実現する

ことを目的としたと書かれている。当時はもとより現在でも「前例のない先駆的な」刑務所として、全世界から見学者が訪れるという。

特徴は再犯率の低さだ。2012年、交通事故の過失犯を除いた一般刑法犯の再犯率は45.3%。それに対して大井造船作業場では10年から15年の平均再犯率は2.2%と著しく低い。

 

Wikipediaにもこの様に記載されている

・軍隊以上の規律正しい生活
・些細なミスでも厳しく指導を受ける
・睡眠時以外は常に緊張を強いられる

 

元大井造船出所した人の意見

元、大井造船を出所した者ですか、
ここの運営方法は体育会系の学生寮の様な感じで受刑者に五役と言うトップ集団を作り会長、副会長、書記、議長、4班リーダー(初心者を1ヶ月訓練するリーダー)この5人の役職のついた受刑者が受刑者組織を運営するという変わった方式をとっている。

刑務官は4〜5人程常駐してますが受刑者に干渉してくる事は余りなく、五役の人間の自主運営に任せている感じです。


仮釈放が刑期の半分近くになるカリキュラムなわけですから当然短期間でそれだけの人格者に成長してもらわなければならないので理不尽な事に耐えたり、先輩の言う事に歯向かわず耐え忍ぶ心を養ったりする上で暗黙の了解のようにイジメの様な厳しさもあるし、頭の良い、容量の良い人は五役に上り詰め人の上に立ち楽に大井造船の生活をこなす者もいれば上に上がれない奴は出るまで今まで味わったことのない理不尽な軍隊生活の様な生活を虐げられます。

 

ネット上の声は

  • なるほど。
    もしほんとなら脱走した理由になるな。
    なんで脱走したか謎だった。

 

  • そもそもの再犯率を考えれば現在の処罰と更生指導が機能していない訳でその事実は重い

 

  • 捻じ曲がった更生の仕方は意味がないですねキツい仕事はともかくイジメや嫌がらせ暴力はダメねまー社会と同じ状況でって言うのはそういう意図があるの?

 

  • どんな場所にもパワハラはあるんだな。

 

  • しごきとかヤキとかいらないよね

 

  • 3食と寝る場所が確保できるという理由で刑務所に入るために犯罪を犯す人もいるので、塀の外より受刑者の方が厳しい生活を送るべきだとは思っている。実生活に戻って何らかの嫌がらせを受けたり理不尽な扱いを受けた時にもすぐにキレないよう精神面での忍耐力をつけたり誘惑に負けない強さを得られるのであれば厳しくても意味はあるのかなと思うけど程度によるかな~?

 

  • そりゃ逃げ出したくもなりますね^^;
    普通ならハラスメントだよ。

 

 

平尾龍磨容疑者は在日韓国人だった

平尾龍磨 在日韓国人で本名は朴龍義 過去にも窃盗で逮捕歴アリ

2018.04.16

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。