平尾龍磨 ”刑務官からのいじめ”の内容は? メモを残し,悲痛の訴えか

約3週間のリアル逃走中を行っていた平尾龍磨容疑者ですが、「刑務官からいじめられた」との内容のメモを向島にある無人の別荘から発見した。 一体そのいじめの内容とは何か?

向島周辺住民は気の休まらない日々を過ごしていたかと思います、ようやくいつもの日常に戻りましたね、お疲れ様です。

 

どうぞ最後までお読み下さい

 

平尾龍磨容疑者が残したメモの内容とは

愛媛県今治(いまばり)市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の平尾龍磨(たつま)容疑者(27)が脱走し、広島市で逮捕された事件で、平尾容疑者が調べに対し「あと半年で(仮釈放で刑務所を)出られると分かっていたが、それでも辛いので逃げた」との趣旨の供述をしていることが1日、愛媛県警への取材で分かった。

 

平尾容疑者が潜伏していた向島(むかいじま、広島県尾道市)にある無人の別荘では、「刑務官にいじめられた」との内容のメモも見つかっており、県警は動機の裏付けを急いでいる。

松山刑務所によると、平尾容疑者は平成27年6月に同刑務所に収容後、精神状態が安定しているといった基準を満たし昨年12月、開放的施設の作業場へ入った。32年1月に刑期を終える予定だった。

平尾容疑者は脱走前、仮釈放になった別の受刑者の座布団を持っていたり、一般作業者のヘルメットと作業着を着用したりして、刑務官から叱責を受けていた。逮捕後、平尾容疑者は脱走の動機について「刑務所の人間関係がいやになった」と説明している。

また愛媛県警によると、平尾容疑者は取り調べに素直に応じており、「食事も食べ、体調もいい」「久しぶりにゆっくり寝られた」などと話しているという。

産経新聞より引用

 

ネット上の声は

 

  • 平尾は刑務官からのパワハラを訴えるために脱走したのか?
    半年後に仮釈放できたのに、どんなイジメを受けたのか知りたいね。

 

  • 刑務官は自分が偉いと勘違いするって実験あったよね

 

  • 外国で刑務官になった場合、受刑者になった場合の実験行われて
    日が経つごとに刑務官側は威圧的になるって結果がでてたよね。
    刑務官は偉いと勘違いしていくとかだった。
    それを観てるから、ありえるなーと思ってしまったけど・・
    この際、ちゃんと調査して公表してほしいよね。

 

  • 逃げたくなる場所の方がいいんじゃないか。

 

  • 犯罪者ではあるが殺傷事件を起こすような凶悪犯ではなかったのがまだ幸いだった。(だから監視も緩かったわけだが。)
    甘いようだが本人のためにも逮捕されて良かったと思う。

 

  • いじめられたからと、逃げるしかなかったシステムに問題あり。受刑者は加害者だからと、罰を与えるだけが刑務所ではないはずだ。「佐渡流人行」から、何も進歩していないようだ。受刑者の話を聞いてやり、行った悪事を悟らせ、理不尽な叱責にも忍耐の重要性を説き、出所後の新たな人生に希望を抱かせるようなシステムがないと、懲らしめるだけでは、人は更生しない。

 

  • こんなやつのことはどうでもいいから、それよりも刑務官はなぜ逃がしたのか、どういう精神状態で勤務していたら逃げられたのか、追求すべきではないのでしょうか?

 

 

平尾龍磨が逃走した理由は?

平尾龍磨が逃走した理由は?大井造船作業場は恐怖の刑務所だった…

2018.04.11

 

平尾龍磨 在日韓国人で本名は朴龍義

平尾龍磨 在日韓国人で本名は朴龍義 過去にも窃盗で逮捕歴アリ

2018.04.16

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年4月は月間810,000PV達成しました。