林修 子供がいることをTV初告白 嫁とのプライベートも語るのか?

『グサッとアカデミア』に3月8日出演されている林修氏(52)ですが、今まであまり語られてこなかったプライベート、そして子供の事に付いて言及するとのことです。あまりプライベートを明かしてこなかっただけに非常に気になりますね!また、嫁との馴れ初めなども語るのでしょうか?

 

どうぞ最後までお付き合いください

 

林修氏 TVで子供がいることを初告白

予備校で現代文を教え、タレントとしても活躍している林修氏(52)が、あす8日放送の日本テレビ系特番『グサッとアカデミア』(後7:00)にMCとして出演。

スタジオでは、林氏が自身に子どもがいることをテレビ初告白する。これまであまり明かしてこなかったプライベート秘話を披露するほか、同じくMCの中山秀征は元宝塚美人妻・白城あやかと15年ぶりに共演し、自宅をテレビ初公開する。

オリコンニュースより引用

 

「いつやるの?いまでしょ!」のフレーズでおなじみの東進ハイスクール講師の林修氏が、今まであまりテレビでプライベートを語ることがなかったですが、子どもがいることをテレビ初告白したとのことです。

林修氏 プロフィール

名前:林修(はやし おさむ)

生年月日:1965年9月2日

年齢:52歳

出身:愛知県名古屋市

最終学歴:東京大学法学部

職業:予備校教師・タレント

東京大学法学部卒業
東進ハイスクール 東進衛星予備校 現代文講師
 
経営破綻した日本長期信用銀行(長銀)の元社員。
入行して半年で「漠然とした危機感」を抱き退社。
その後、予備校講師となる。
現在、東大・京大コースなどの難関コースを中心に授業を行い
抜群の東大合格実績を誇る同予備校の躍進に大貢献している。
 
著書タイトルにもなっている、東進のテレビコマーシャルでのセリフ「いつやるか?今でしょ!」が大流行し、「今でしょ!」が2013年ユーキャン新語・流行語大賞を受賞!

 

妻・林裕子さんの動画

林修さんの妻は、12歳年下の産婦人科医とのことです。

素敵だなと思ったフレーズがありまして、「出会った女性の中で一番優秀な女性」このように林先生は奥さんのことを表現しておりました。

 

様々な優秀な女性を見てこられた、林先生が言うので間違いないですね。

以前情熱大陸で奥さんも出演されておりました。

 

また、妻との馴れ初めは夫婦の間で公言しないようと決めているそうです。以前メレンゲの気持ちに出演されてなえそめを聞かれた時は「いまじゃないでしょ!」と決め台詞をもじり笑いに変えていました。

 

さすがですね!

 

 

林修に子どもはいるのか?

 

今まで語られてこなかった子どもの存在ですが、8日放送の『グサッとアカデミア』で子供がいることを告白しました。

 

妻は現在39歳です。情熱大陸で出演されていた時は2013年で5年前ですね。

恐らくですが、この時はまだ妊娠しておらず、子供はいなかったのでは無いでしょうか?

 

そうなるとここ数年で産まれたとして、3,4歳のお子さんでしょうか?

 

以前林先生が、頭の良し悪しは、3-5歳の時の親の教育で決まると言っておりました。丁度お子さんが3歳とかでしたら大事な時期ですね。

 

子は親を見て育ちますので親の教育はかなり大事ですね。

 

キラキラネームと学力の関係性

以前番組でこの様な発言もしておりました。

確かに、最近は読めない漢字の子供が多くなってきてますよね。

子供のうちは可愛いですが、大人になったときの事を考えると、大丈夫かな・・・と思ってしまいますよね。

林先生は番組のコーナー「相関アリ キラキラネームと低い学力」の中で、キラキラネームという呼称が存在しなかった約20年前のことを回想。

テストの成績順に名前を並べてみたところ、「途中から突然、名前が読めなくなった」と当時の事を振り返りました。林先生は、「強く言っておきたいのは、本人には全く責任はない」と前置きした上でキラキラネームに関する持論を展開。

今年の東大合格者の名前をリストアップしたところ、番組プロデューサーが「全員、名前が読めますね」と話したエピソードも交えながら、「点数と名前は、ある程度の相関性はあると」と述べました。

FUNDOより引用

 

まとめ

 

子供の存在が語られるのはテレビでは初めてです。

どのような教育方針を持っているのかも語られるのでしょうか?

非常に楽しみです。もし良かったら見てみて下さい

 

追記  3/8 19:25

林先生の子供は2歳と公言してました。

 

最後までお読み頂きありがとうございます

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。