ハワイで「歩きスマホ」禁止令 条例違反とならない使用法とは?

今や大半の人が持っているスマホ。

スマホなしでは生活出来ないぐらいスマホに依存していると言っても過言ではありません。

駅のホームや人混みでの歩きスマホで命を落としており、大きな社会問題の一つにもなっています。

それは日本に限らず、世界でも共通問題です。

世界的観光地でもあるハワイでも2017年10月25日からある条例が施工されました。

 

 

ハワイでの「歩きスマホ」に注意!!

 

ワイキキがあるハワイ州ホノルル市で10月25日から

道路を横断する際にスマホなどの画面を見るいわゆる

「歩きスマホ」

を禁止する条例が施工されました。

 

アメリカの主要都市では初となる条例です。

施行理由は交通事故を削減する目的です。

英語ではDistracted Walking Law -注意散漫歩行条例-と言います。

 

条例違反をすれば地元の人のみならず、旅行者でもある私達でも「罰金」の対象となりますので気をつけなければなりません。

 

罰金料金は初めて違反する人には日本円で4,000円の罰金が科せられます。

違反を繰り返す人には10,000円の罰金となります。

 

歩きスマホで捕まれば捕まるほど

罰金が増額していく仕組みです。

 

ということで、ハワイでの道路横断での歩きスマホが禁止になりましたが一体何が良くて、何がダメなのか確認してきます。

 

スマホ以外の端末、デジカメも対象

 

道路横断時に使用禁止の端末はスマホに限らず

タブレットやノートパソコンも含まれます。

また、ゲーム機やデジタルカメラなども違反の対象です。

 

要するに横断歩道時に正面を向き歩けってことですね。

周囲の確認が取れないモノを持つな、見るなと言うことです。

 

 

条例違反となる使用法❌

 

  • スマホ画面を見ながら横断歩道を渡ること

 

  • スマホ画面を操作しながら渡ること

 

 

条例違反とならない使用法⭕

 

  • スマホで音楽を聞きながら渡ること

 

  • 緊急の電話、もしくは警察等への通報

 

  • 通話しながらの横断

 

 

ただし、通話するためにスマホを操作してしまうと罰金です…

 

 

なぜホノルルなの?

 

ホノルル市によると、アメリカの他の都市に比べ

「歩きスマホ」が原因と見られる事故が高齢者を中心に多いということからです。

 

ハワイには昨年日本から150万人余りが訪れています。

日本人には昔から人気のリゾート地であり現地であたりを見回すと

多くの日本人が目立つと思います。

 

ホノルルにある日本領事館は、観光に行く際は

この条例に留意し、くれぐれも違反しないようにお願いしたい。

と注意を促しております。

 

 

ネット上の声は

 

・日本も厳しく取り締まっていいと思う。歩きに運転に、そんなに見なくたって生活できるよ。

・歩きスマホもいけないが高校生?の自転車スマホを厳しく取り締まってください。

・ついでにタバコもやってくれ。

・とりあえず日本でも駅とかだけでも導入して欲しい。本当に前を見てない人が多い。

 

ネット上では賛成の声が多い。

日本など人口が密集している駅や

交差点などでの歩きスマホは非常に危ない。

 

コメントにもあるが自転車走行中や

運転中でのスマホ操作をしている人も多くおり

非常に危険である。

 

スマホ操作で下ばかり見るのではなく

景色や音、匂いなど五感を使って空を見ながら歩いてはどうだろうか?

 

下の画像は私が昨年ハワイに行った時のビーチの写真です。

ハワイには特別な何かがあり、また無性に行きたくなってしまう観光地でもあります。

また近々行きたいものです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。