群馬の防災ヘリ”はるな”墜落か?事故原因や現在の状況は

群馬県の草津白根山付近を飛行していた9人搭乗の県防災ヘリ「はるな」(ベル式412EP型)が消息を絶ちました。

墜落か? それとも緊急の為不時着か? 情報が少ないですが、一体現在の状況はどうなのでしょうか?

Twitterからも合わせて検証していきます。

 

追記 2名の方が亡くなったとの情報が入りました。ご冥福をお祈りします。

 

最後までどうぞお付き合いください

 

群馬 防災ヘリ”はるな”が消息不明

10日午前10時頃、群馬県の草津白根山付近を飛行していた9人搭乗の県防災ヘリ「はるな」(ベル式412EP型)が消息を絶った。県警などが捜索している。

県や県警によると、ヘリには、県防災航空隊員2人、吾妻広域消防本部(群馬県東吾妻町)の職員5人、県の委託で運航を担っている「東邦航空」(本社・東京)の機長、整備士各1人の計9人が搭乗。午前9時15分に前橋市内のヘリポートを離陸し、同10時45分に戻る予定だったが、同10時過ぎに通信ができなくなり、行方が分からなくなった。

ヘリは、群馬、新潟、長野の県境で11日に開通する予定の登山道「稜線トレイル」の視察に向かっていたという。

 

ネット上の声は

 

追記 2名が死亡 残り6名の安否不明

10日午前、群馬・長野両県境付近を飛行していた群馬県の防災ヘリ「はるな」(ベル412EP型)が消息を絶ち、捜索中の航空自衛隊機が同日午後2時45分頃、群馬県中之条町の横手山(2305メートル)東麓で墜落した機体の一部を発見した。

 

9人が搭乗し、機体近くで8人が見つかり、うち2人はヘリで救助されたが、死亡が確認された。残る6人の容体は不明。群馬県警などは同日夜に捜索活動を中断、行方不明1人も含めて11日朝から再開する。

 

県によると、ヘリに搭乗していたのは、県防災航空隊員4人と吾妻(あがつま)広域消防本部(群馬県東吾妻町)の職員5人。同隊員のうち機長と整備士の2人は、県が運航を委託している「東邦航空」(本社・東京)の社員。

 

ヘリは10日午前9時15分頃、4人が乗って前橋市内のヘリポートを離陸。吾妻広域消防の職員5人を乗せるため、東吾妻町に同9時28分に着いたと無線連絡があった。その後、群馬・長野県境にある鳥居峠から三坂峠付近に向かい、折り返して同10時45分に前橋市内のヘリポートに戻る予定だった。

讀賣新聞より引用

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。