GENKING 性転換手術成功【下も摘出済】あれ?可愛くなってる?!

【下は摘出済み?!】

タレントのGENKINGさんですが、ノンストップで性転換手術をしたことを告白しました。Instagramも見ましたが、かつての金髪のギャルメイクの僕がイメージしていたGENKINGさんではないです!!可愛くなってる?!下の方は?!と気になったので検証していきます。

最後までお付き合いください

GENKING(沙奈)さん 性転換手術成功

タレントでマルチクリエイターのGENKINGが29日、フジテレビ系『ノンストップ!』(月~金 前9:50)に出演。昨年5月にタイで性別適合手術をしていたことを初告白した。

今月16日に番組のインタビューに応じたGENKINGは、テレビでこれまで発言していた“ユニセックス”(中性的)は偽りであったことを明かし、昨年、性別適合手術をしたことを告白。

昨年7月に戸籍上で「女性」と認められ、同年8月に戸籍上の「本名変更」が認められ、元輝(げんき)から沙奈(さな)になった。

oricon newsより引用

 

GENKINGさん、失礼しました。沙奈さんですが(芸名はGENKINGだからいいのか?)は昨年の5月28日に手術を受け、約3週間対の病院に入院していたそうです。 タイでは様々なトラブルがあったそうですが、無事本来の姿に戻ったと喜んでいるそうです。

 

「すごく怖かったけどいい経験になった。嬉しさと新しい人生が始まった門出。今日から沙奈なんだ!という気持ちだった。11月18日が誕生日で、5月28日が生まれ変わった日」

モデルプレスより引用

GENKINGさんの現在の姿はコチラ

なんだか、かつでの金髪ギャルでSっ気があるオラオラ系のお姉さんのイメージですが、変わりましたね!なんか整形臭がしますが、きれいです!

 

カラダもココロも女性になってやっと本来の姿に戻って清々しい気分でしょうね!過去には金子賢さんとの交際も噂されましたが、GENKINGさんが男と分かり、付き合えないけど友達で!ってなってましたが、今は女性ですからね、あると思います!

 

Instagramで今の気持ちを告白

私GENKINGは、去年本来産まれるべき女の子に生まれ変わり、名前も元輝(げんき)から沙奈(さな)になりました。 しばらく芸能活動をお休みしてた理由はそのためです。 以前は自分の人生を振り返ってみたときに、とにかく辛かった。 今回、TVで公表するのも正直不安で悩み、凄く怖かった。 なので、番組に出る告知も直前になってしまいごめんなさい。 芸能界デビューした当初、カミングアウトする予定は全くなく、自分でも様々なことに整理がつかないままテレビ出演し、約2年間お仕事させていただきました。 幼い頃からの偏見や言葉のイジメを思い出す暮らしの中で、自分を守る為に“ユニセックス系”と偽る事が、唯一自分を守る方法だった。 そんな辛かった記憶も、幼い頃からの夢であった芸能界に入ることができ、人気が出たら全てが報われ、幸せになれると思っていた。 けど、実際に幸せな気分を味わえたのは初めの3ヶ月くらい。 “性別”の悩みは消えることはなく、強くなる一方でした。 イジメや偏見が怖くて、自分を“ユニセックス系”と偽ることで、余計に本来の自分と芸能人GENKINGとの差が広がっていきました。 プライベートでは「ワタシ」と言っていたし、スカートやワンピースも着ていたけど、テレビに出る時はユニセックス系の服装や「ボク」と言ってみたり… とにかく今振り返って思う事は、全てにおいて無理をしていたなと。 というか、私の人生は結末は必ず寂しいんだなってずっと思ってた。 当時の私は長生きなんか望んでいなく、いや望んでいないというより、こんなに辛いならむしろ生きてくのが怖いって感じかな。 車に乗れば、事故っちゃえばいいとも思ってたし、病気になればいいのにとも思ってた。 バカだよね。 けど、それくらい私は辛かった。 とにかく満たされない日々が生きるほどに苦しくなりました。 平気なフリをしてる毎日が限界だった。 そんな日々がずっと続いていた時、それまでお世話になった事務所を辞める決意をし、本来産まれるべき姿に戻る為にタイへ行きました。 そして、私は生まれ変わった。 感想は、“自分で自分を生んだ”っていう感覚。 不思議なんだけど、目が覚めてから“元輝”の人生は自分の人生とは思えないというか、もう新しい人生が始まっていて、双子というか、前世の記憶をもったまま生きているっていうか… 幼い頃からの悩みや、苦しんできた事は何だったんだろうっていうくらいに、悩みは小さくなり生きやすくなりました。 昨年から雰囲気が優しくなったねって言われたのは、心が満たされ始めた事が大きいんじゃないかな。 今は、“沙奈”としての新しい人生を歩んでいます。 仕事、プライベート、恋愛。“女”として全て0からのスタートです。 今は私を支えてくれている全てを大切にしたい。 両親や家族と何度も話し合い、家族は私の生き方を尊重してくれています。 ママありがとう😊 “元輝”の人生は、私の中で幕を閉じました。 自分に嘘をついて生きてるのが一番辛かった。 ここにくるまで、本当に長かったなぁ。。。 そんな“元輝”の人生を、このたび1冊の本にしました。 原稿が刷られる直前まで、出版すること自体悩んだし、今も正直出版して良かったのかなって不安にもなります。 読んでくれた方それぞれ、色々な意見があると思います。あって当然だし。 決して、性別適合手術を誰かに推めるつもりはありません。あくまでこれは私の場合の話であり、私はそれで心が安定する時間が増えました。 男性→ユニセックス→女性と3度の人生を経験したからこそ、性や恋愛に関して私と同じ悩みを持った人たちが、少しでも前向きになれるキッカケになりたい。 これから、“沙奈”(芸名:GENKING)として頑張っていくので、見守って頂けたら嬉しいです。 今後は、株式会社ツインプラネット内 INSTAR事業部にメディアマネジメント委託することになりましたので、お仕事のご依頼やお問い合わせなどは、info@tp-co.jpまでお願い致します。 #genkingうまれ変わりました。 #始めまして沙奈です😉

GENKING OFFICIAL🌍さん(@_genking_)がシェアした投稿 –

下の方は摘出済み?

Wikipediaさんによると

性別適合手術(せいべつてきごうしゅじゅつ)とは、性別の不一致、性同一性障害を抱える者に対し、当事者の性同一性に合わせて外科的手法により形態を変更する手術療法のうちの、内外性器に関する手術を指す。

外科的手法により形態を変更する手術療法ということは・・・摘出してますね!

 

物心ついた頃から、性別に違和感があり、幼少時代には差別的なコトバでいじめにもあっていたそうです・・・本人は心と身体が一致しないことで相当悩んだそうです。そんな中、2016年にはホルモン治療を開始し、体型や胸が変化することで、女性に戻る喜びを感じていたそうです。

 

ネット上の声は

  • ユニセックス、中性的な部分が謎で魅力的だった。彼女もたくさんいたんでしょ?女性になってよろしいが、下品な笑いと話し方はやめてほしい。

 

  • キレイだと思うし努力もしてるんだと思うけど、それが外見だけな感じがするんだよね。
    何かの番組で正座してて座り方汚いなーって思った。背筋曲がってて。
    個人的におねぇの方々って女性より女性らしい人が多くて(外見だけでなく、作法や仕草、立ち居振る舞いなど)それが魅力だなって思ってるのでその正座見てからなんか残念。

 

  • 芸名は変えないのかな。
    男を思わせる名前のまま。
    せっかく色々女性になったのにもったいない。

 

  • オネエってことでテレビから需要があったんでしょ
    それが手術で完全な女になってしまったら需要があるのかどうか
    同じように手術終えたカバちゃんも最近全然見ないからな完全に手術して女になりました枠ははるな愛が居座ってるんで
    そんなのが何人もいたって視聴者的には面白みもないと思う
    オネエであること以外何も取り得はないでしょ
    芸人でも歌手でもないんだから本人が手術したくて女になりました、それは勝手にすればいいけど
    今後芸能界で生き残っていけるのかね

 

  • 色々今まで苦労したり努力してきたんだと思うけど、以前IKKOに発言したことで注意されてたよね。そういう世界の人達にあまりよく思われてないんじゃないのかと思う。中身も磨いた方がよろしいかと。

 

  • 色々辛い思いをしたせいでしょうか、精神的に不安定ですね。なんども、本当はこうだったけど実はこうだったって聞かされると、どれが本当かわからなくなる。この方がユニセックスだろうが、心は女だろうが、世間はどっちでもよいのでは?自分は男でも女でもないと自分の性別に違和感をもち悩んでいる人もいる中で、ユニセックスは嘘でしたと言われると、本当に悩んでる人に対して失礼だなと思います。

 

批判的な声も挙がってますが本人しか分からない辛い思いや悩みだたくさんあったと思います。本人が下した決断ですし、良かったね!で良いような気がします。

 

ヤフコメ民のコメントを見ると批判的なコメントが多く、根が腐っている人が多いなと感じてしまいました。まず批判から入るのは人間の癖ですからね・・・気を付けましょう!

 

最後までお読み頂き有難うございます

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。