有村架純 紅白司会で噛み過ぎにも関わらず2年連続司会に!一体なぜ?

今年も早いものでもう1年が過ぎてしまいそうですね。

年末の風物詩と言えばやはり、紅白歌合戦ですよね。

今回は第68回NHK紅白歌合戦「夢を歌おう」がスローガンで、総合司会は内村光良・桑子真帆アナウンサー/紅組司会は有村架純、白組司会:二宮和也(嵐)です。

有村架純さんは昨年に引き続き2年連続での司会ですが、ネット上では「棒読みすぎ」「下手」と言った否定的なコメントもある中、「落ち着いてた」「安定感があった」など賛否両論でした。

一体どんな司会だったのか?検証していきます。

 

最後までお付き合いお願い致します

 

有村架純 2年連続司会 不安の声も・・・

11月13日、今年の大晦日に放送される「第68回NHK紅白歌合戦」の司会者が発表された。総合司会を務めるのは同局の「LIFE!~人生に捧げるコント~」に出演している内村光良。白組の司会は嵐の二宮和也が担当し、そして紅組の司会を有村架純が2年連続で務めることになった。

今回の発表で最も注目を集めているのが内村のサプライズ人選。決定を受け、同局内でも期待が高まっているようだ。内村の起用について「局内でも『ベストの人選』との意見が主流ですね」と明かすのはNHK関係者だ。

「内村さんの司会なら、若者からお年寄りまで、幅広い年齢の視聴者が安心して番組を楽しむことができる。『どうして今まで名前が挙がらなかったのか?』との声まで出ていたほどです」

アサ芸より引用

 

 

総合司会初挑戦の内村に期待が高まる一方・・・

「ここだけの話、局内で今回の紅白の“最大のリスク要因”は有村さんと見られているんですよ」

同局関係者はこう答えていたそうです。

 

有村さんといえば昨年の紅白の司会を務めた際に「あまりにも下手すぎる」「噛みすぎ」など多くの視聴者から声が寄せられたそうです。2年連続の司会で「今年も下手だった」となれば、局としての姿勢が問われることになるとの意見も。

 

 

「miwaさん」が「美輪さん」に聞こえた視聴者も

 

昨年行われた紅白の際に、にわかに信じがたいがこの様なTweetが多数ありました笑

 

 

 

紅白の司会の選考基準は?

2年連続の司会ということもあり、なぜ?と疑問を抱く人も多いと思います。

一体どのようにして紅白の司会を選んでいるのでしょうか?

 

その答えは「NHKへの貢献度」です!

もっと詳しく言うと、NHKの番組に出演し、番組へ貢献した芸能人が司会に抜擢されるケースが多いそうです。

 

有村架純さんは朝ドラ「ひよっこ」でヒロインの谷田部みね子を演じ、平均視聴率が20%超えの大ヒットを収めました。その功績を考慮すると、自然の流れですね。

あまちゃんにも出演しており、その時からNHKとの繋がりがある女優さんだけに多少のバッシングぐらいじゃ動じないですね。

 

 

さいごに

 

昨年は初めての大役で緊張していたせいもあり、カミカミ&棒読みの司会で散々でしたが、それが逆に初々しくて可愛かったと思います。

今年は2年目ということや、ベテランの内村さんの力強いサポートもあるのできっと大丈夫でしょう!

今年の紅白も目が離せません。

 

最後までお読み頂き有難うございます

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。