「あおり運転」死亡事故の石橋和歩被告からの「直筆の手紙」

石橋被告の直筆の手紙

悪質な「あおり運転」を繰り返し、夫婦が死亡する事故を誘発させた張本人である、石橋和歩(26)被告から、産経新聞記者宛てに直筆の手紙が届きました。その手紙には、事故の反省の弁は一切なく、ふてぶてしく記者に対して金銭の要求を臭わせる内容があったようです。正に石橋被告の残忍さと人間性の欠如が垣間見えた様で恐ろしいですね。

それでは、今回は『石橋被告の直筆の手紙』にスポットを当てます。

最後までどうぞお付き合いください。

「面会なら30万から」 東名あおり運転被告からの手紙

神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月、あおり運転を受けて停車させられた夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われ横浜拘置支所に勾留中の石橋和歩(かずほ)被告(26)から10月、本紙記者に手紙が届いた。接見には応じなかった。

石橋被告の直筆の手紙

便箋1枚に書かれた手紙は5行程度のもの。「俺と面会したいなら30万からやないと受つけとらんけん」(原文ママ)と金銭を要求しているような文章から始まり、取材については「人のことをネタにしている」との趣旨が書いてあった。

複数の関係者によると、石橋被告は弁護方針に関しては弁護人に一任。逮捕直後は「(後続車の夫妻の車に)あおられたり、パッシングされたりしたため停車した」と供述していたが、神奈川県警は事故当時に現場を走行していた車両260台以上の目撃情報やドライブレコーダーの映像を確認し、供述は虚偽だと判断。石橋被告もその後「現場近くのパーキングエリアで駐車場所を注意され頭にきて追いかけた」と供述を変遷させた。

産経新聞より引用

ネット上の声

  • 「こいつどこまでクズなの?煽り運転しといてなにも悪くない人2人殺しておいて!遺族の心境からしたら死刑にしてほしいよね。厳罰を求めます。同じ目にあわせられればいいのに。」
  • 「反省の色無し。石橋和歩は人間の屑。石橋和歩は死刑にすべき。」
  • 「こいつは死刑💢。それと、裁判員裁判では控訴するのが決まってる💢。時間を作って裁判員になって頂いた市民に失礼だ💢。こんな制度は廃止だ💢。」
  • 「ニュースで見るたび、あの薄ら笑い顔が頭に来ます。即刻、極刑が当然。」

さいごに

当然の意見だと思いますが、2名の犠牲者を出してているのに全く反省がない石橋被告に極刑を望む声が多いですね。わざわざ、汚い字で幼稚な文脈の手紙を送ってくる神経がやはりまともではないです。これほどの悪事を犯しておきながら、危険運転致死罪で世の中に戻れるなんてありえません。「殺人罪」の適用が妥当ではないでしょうか。

「あおり運転」に巻き込まれないために普段から予防が大切です。
少しでも被害者を減らすために以下のリンクをお勧めします。

『あおり運転をされないための対策とされた時の対処法』

 

最後までお付き合いありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年6月は月間1,500,000PV達成しました。