長村千恵さん 子どもは無事だったのか? 無痛分娩死で院長「パニックで人工呼吸できず」

今年1月に、当時31歳の長村千恵さんが無痛分娩で亡くなられた。

麻酔が効き過ぎてしまい、長村さんが呼吸困難になっている事を見過ごし、人工呼吸器の装着を怠った為亡くなった。

残された遺族、そして子どもは無事だったのか?

 

無痛分娩死で院長「パニックで人工呼吸できず」

大阪府和泉市の医院で臨んだ無痛分娩(ぶんべん)で今年1月、長村千恵さん(当時31歳)が死亡した事故で、麻酔が効き過ぎて長村さんが呼吸困難になったことを見過ごし、呼吸回復の措置を怠ったとして、大阪府警は男性院長(59)を業務上過失致死の疑いで6日に書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、院長は今年1月10日、長村さんに脊髄(せきずい)の外側に麻酔薬を注射する「硬膜外麻酔」を実施した。直後に呼吸困難の訴えがあったのに麻酔薬の効果などを定期的に計測せず、注射が脊髄付近にまで達して麻酔が効き過ぎたことを見過ごし、人工呼吸器の装着や気管挿管といった呼吸回復措置もしなかった過失により、長村さんを10日後の20日に死亡させた疑いが持たれている。

院長は府警の任意の調べに「容体の変化が早くて人工呼吸器を装着するなどの対応が追いつかなかった」と説明しているという。

毎日新聞社より引用

 

3年前の長女出産後に腰を痛め、今回は自宅のある同府枚方市から里帰りして出産することにし、友人の勧めもあって無痛分娩を選んだ。インターネットでも調べて医院を決めていたという。子供の頃からしっかり者で「千恵が言うなら大丈夫」と言い聞かせた。

 

赤ちゃんは助かったのか?

 

赤ちゃんは救急搬送前に緊急の帝王切開で無事に生まれていた。

 

長村千恵さんが出産した今年1月10日の経過(取材に基づく)

 

午前9時半ごろ  父親が千恵さんを老木レディスクリニックに送り届ける

午後3時20分   硬膜外麻酔を行う

  3時28分   頭頂部に少し痛みを訴える

  3時32分   ちょっと息がしにくいと呼吸苦を訴える

  3時43分   意識レベルが低下

  4時9分    帝王切開開始

  4時11分   赤ちゃんが無事生まれる

  4時50分   救急隊到着

  5時      搬送開始。この頃夫から父親に電話

  5時10分   堺市内の病院に到着

  5時15分   気道確保のため気管挿管

(千恵さんは1月20日に低酸素脳症で死亡)

 

無痛分娩は全国でどれぐらい実施されているのか?

 

2008年の全国調査によると、出産全体の2・6%と推定されています。ここ数年で実施施設は増えており、都心部では5~10%とみられています。フランスでは普及率が8割。日本で少なかったのは「おなかを痛めて産んだ子」という言葉があるように、お産の痛みを取るという考え方になじみがなかったという指摘もあります。

 

まとめ

長村千恵さん、そして残された遺族の方々は言葉にならないぐらい辛い思いをし、憔悴しているかと思います。

 

もし病院側がもっと適切な処置を行っていれば…

もし無痛分娩を選択していなければ…

もしこの病院を選択していなければ…

そのような言葉が頭をよぎるかと思いますが、残された家族の方、旦那さん、そして娘さんの為にも精一杯生きる。

それが千恵さんの願いでもあるのではないか。

 

ABOUTこの記事をかいた人

本日は私のブログに来て頂き有難うございます。世の中で起きている注目のニュースを中心にあなたの「知りたい!」を解決出来るようキュレーション、考察して記事にしますので、ごゆっくりどうぞ。おかげさまで2018年4月は月間810,000PV達成しました。